特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:お知らせ・報告など( 281 )

秘密法と共謀罪に反対する愛知の会は2018年4月8日に6周年総会と記念講演会を行い、200人が参加しました。

総会の後、内田博文さん(九州大学名誉教授 刑法)の「今こそ学ぼう 治安維持法と共謀罪」と題した講演会を聞きました。

まず、共同代表の本秀紀名古屋大学教授は「安倍政権は、公文書改ざん・隠蔽問題を官僚のせいにして逃げ切ろうとしている。佐川さんが1人でやったとお思いですか。口裏合わせ=共謀を政府のお偉いさんが行うとおとがめなし。国家の屋台骨が壊れてきている。第二次世界大戦直後、文書を焼いた。70年以上たつがほとんどそのメンタリティ。自衛隊の日報問題はそれに加えてシビリアンコントロールの問題もある。戦前に軍が暴走した反省をしていない。今回最良のゲストをお招きした」と挨拶しました。

・配付資料(内田博文先生レジュメ)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/180408-1.pdf

c0241022_20344126.jpg
 
治安維持法ができた経緯とその拡大、事件をでっち上げてまででも適用されました。治安維持法のこれらの流れと、現在の秘密保護法・集団的自衛権の閣議決定・共謀罪の流れが非常に似ていて、過去よりスピードが速くなっているのではないかと内田先生は言います。
すでに、イスラム教徒監視事件・大垣警察市民監視事件・GPS捜査。別府署盗撮事件・名古屋新築マンション建設反対運動弾圧事件など様々なことが行われています。
戦前、治安維持法下で起こったことは、警察による監視だけでなく、国民による総合監視、「国と善良な市民」対「社会の敵」と言うべき「敵味方刑法」のようにパラダイムが転換されており、「社会の敵」については、基本的人権を尊重する必要はないという考えが近年も広がっています。
共謀罪に関しては、高級公務員、政治家、企業トップの犯す犯罪は骨を抜いてあり、共謀罪の対象にはなりません。
このような中、戦前と違うのは、市民は日本国憲法という武器を持っており、反対する権利が保障されていること。
デモをしたり、集会を開いたり、本を出したり、投書したりできます。
違憲立法審査権で共謀罪は違憲だという訴訟を起こすこともできます。
このような武器を十分活用すべきであり、日本国憲法のもと、民主主義、平和主義、基本的人権の尊重、そうしたされた国民がその担い手としての意欲と能力を持っているかどうかが試されている意欲・能力、そして勇気が必要だとしました。

続いて、原夏子さんが、父親の新村猛さんが治安維持法違反の容疑で逮捕・拘留された話をされました。

c0241022_20355574.jpg
父の新村猛が亡くなった後、「治安維持法違反被告」という予審調書が発見されました。
昭和12年に逮捕された際、私は4歳でした。
当時は母から「お父さんは病気で入院した」と言われましたが、実は、逮捕されていました。
学問と思想の自由を守らなければならないという志を持っていた、33歳の大学予科教授の父が、フランスやスペインにおける反ファシズムの運動を日本の知識人と学生に知らせるため雑誌を作っていたところ、仲間達3人同時に検挙されました。
検察は「この活動はコミンテルンによる指令で日本共産党の指令によるものだろう」と、ずっと聞かれ続け、ずっとずっと否認し続けました。
大学からは辞任するよう言われ、妻と子供が祖父の家に厄介になっているためしぶしぶ辞職願いを書いたとのことです。
その後も、「共産主義者と認めた上で転向しろ」と言われ続けたけれども、6歳になった私からのカタカナのハガキを見てみて。「子供に早く会いたい家に帰りたい」という気持ちで転向の手記を書いた。そうしないと、検事がうんと言ってくれない。と言いました。
手記を書いても、「共産党らしくない」と言われ、何回も書き直されました。
拘留期間が1年10か月。その後、保護観察付きの生活は終戦まで続いた。父が外出するときはちゃんと刑事さんが私服でついてきたと母から聞いています。
祖父は父がやったとは信じてませんでしたがきちんと上申書を書いて、「どうか処遇を」という内容でした。
私のすぐ下の弟は、学校で凄まじくいじめられたことを後から知りました。
父が治安維持法で逮捕されたため、「国賊」だとしていじめ抜かれ、先生も見過ごすだけでなく、試験に間違って低い点をつけるなどをしました。
治安維持法の家族に対する一つの被害の例だと思います。


最後に中谷雄二共同代表は「今後何が起こるかは分からないが、歴史を見て照らし出すことはできる。新村猛先生を以前知っているが、まったくそんな人ではない。権力はでっちあげた。
内田先生は『我々に武器がある間に戦おう』と呼びかけられた。その呼びかけに応えたい。
もう私たちは騙されたとはいえない。
様々な手段で戦い続けることを決意して終わりたい」と述べました。


c0241022_20363772.jpg
c0241022_20371851.jpg
↑会場には200人が集まりました。



c0241022_20452362.jpg

↑最初に挨拶する、本秀紀名古屋大学教授

c0241022_20480826.jpg

↑今回、聴覚障害者に対する初の試みとして、スマホアプリ「UDトーク」によるリアルタイム字幕をつけました。若干字の間違いはありましたが、3人が訂正してほぼ正しく字幕をつけることが出来ました。
[PR]
by beshi50 | 2018-04-08 20:43 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)

「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」は18/4/4に名古屋市栄で街頭宣伝ならびに「森友」公文書改ざん 一番の責任者は誰?シール投票を行いました。


シール投票用紙(A3をA2にポスタープリントして使用)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/moritomo-dare.pdf


c0241022_19035984.jpg
c0241022_19051168.jpg
c0241022_19053923.jpg
シールは1人2枚まで貼れるようにしたのですが、ほとんどの人は1枚のみ貼りました。
午後2時半から3時半まで1時間で145票の投票がありました。
多くの人がシール投票にご協力してくれました。特に若い世代の人が積極的にシールを貼ってくれました。ありがとうございました。


「森友」公文書改ざん 一番の責任者は誰?(18/4/4 名古屋市栄)
総数 145票
・安倍首相夫妻   91票
・麻生財務相    27票
・佐川前国税庁長官 10票
・籠池元理事長夫妻 13票
・近畿財務局職員   4票

c0241022_19084797.jpg

「秘密保護法」で政府の情報を隠し、「共謀罪」で市民を監視する。
さらに、政府に都合の悪い情報は国家機密でなくても改ざん・隠ぺいをしてきたことは、森友学園問題・南スーダンPKO日報問題・イラク陸上自衛隊派兵日報問題で明らかです。
このような政府を許してよいのか、主権者である私たちが問われています。

c0241022_19110124.jpg
c0241022_19112967.jpg
4/8(日)14時15分から、ウィルあいちにて「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会 第6回総会+記念講演会 今こそ学ぼう治安維持法と共謀罪」を開催します。
内田博文・九州大学名誉教授による「治安維持法と共謀罪」、原 夏子さん 「父・新村猛と治安維持法」の話を聞きます。
http://nohimityu.exblog.jp/29244392/
二度と戦前に行われた市民弾圧を繰り返してはいけません。
ぜひご参加下さい。

c0241022_19114896.jpg



[PR]
by beshi50 | 2018-04-04 19:12 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
きょう3月12日は、世話人会の都合もあって、いつもとは違う時刻(14:30~)、栄メルサ前で街頭宣伝を行いました。
参加者18名。
c0241022_22465003.jpg
財務省から「森友文書」資料が出され、これまで国会等に示してきた文書は、数多くの改ざんがなされていたことが白日の下にさらされました。
安倍昭恵夫人の名前や「日本会議」関係の政治家の名前などが消されていたのです。
c0241022_22465670.jpg
公文書を改ざんすることは重大な犯罪です。
刑法上の犯罪であると同時に、国民主権に対する極めて重い罪です。
c0241022_22465939.jpg
政権にとって「都合の悪い」文書が隠され、改ざんされるおが当たり前になってしまえば、主権者の目と耳を塞がれた状態になります。
入ってくる情報がゆがんでいれば、一見、自由な言論が保証される自由な社会に見えても、それは露骨な言論弾圧のある社会と本質的には同じです。

c0241022_22470370.jpg
政府によって真実を隠され、権力への「忖度」やネトウヨによる炎上を恐れて萎縮する報道の下で、知る権利、もの言う自由が危機に瀕しています。
だからこそ、森友文書改ざん問題を「財務省の役人が悪い」という話での幕引きを許してはなりません。
c0241022_22470778.jpg
森友文書改ざん問題の安倍政権の責任を訴えるスピーチには、道行く人々からも共感の声が多く寄せられました。
文字いっぱいの「極秘通信27号」に積極的に手を出して受け取って行く人も結構多くいました。
「頑張ってくれてありがとう」という感謝の声もありました。
c0241022_22471045.jpg
安倍9条改憲NO!あいち市民アクションや、安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会などの呼びかけに呼応して、連続的な街頭宣伝を担っていきます。

c0241022_22471373.jpg
秘密法と共謀罪に反対する愛知の会としての次回の街頭宣伝は
4月4日(水)14:30~栄メルサ前です。





[PR]
by beshi50 | 2018-03-12 23:09 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
前日までに比べれば風も穏やかで、寒さも一段落という日よりでした。
参加者は13名。
c0241022_01002734.jpg

Hさんは手術を終えて退院はしたもののまだ理は微意R中で運転ができないので、いつもの宣伝カー(&飾り)はなし。
それでも預かっていた横断幕に、「安倍9条改憲NO!」の幟も加えて、見た目も賑やかに行いました。
c0241022_01003897.jpg
「安倍9条改憲NO! 3000万人署名」を35筆も頂くことができました。
c0241022_01002054.jpg
c0241022_01035740.jpg
「私も安倍さんキライ」「早くやめさせたい、頑張って下さい」などの応援の声もありました。
c0241022_01071564.jpg
次回の街頭宣伝は3月12日(月)14時30分~15時30分。栄メルサ前です。
(時間帯がいつもと違うのでご注意を。(


[PR]
by beshi50 | 2018-02-15 01:08 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)

秘密法と共謀罪に反対する愛知の会は、18/4/8(日)13時半~ ウィルあいちで総会と記念講演会を行います。
どなたでも参加できます。ぜひご参加下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】4/8(日)秘密法と共謀罪に反対する愛知の会 第6回総会+記念講演会
 今こそ学ぼう治安維持法と共謀罪
 
安倍政権の目指す戦後レジームからの脱却、これが戦前回帰の企てであることは明らかです。
そのために、安倍政権は市民の反対の声を無視して秘密保護法、安保法・戦争法など次々に法制定・改訂を強行してきました。
そうして、去年策定された共謀罪法。本当の意味を知り、廃止に追い込むための方法を考えるために歴史に学びましょう。
治安維持法制定の経緯を学び、治安維持法下の日本の姿を学び、治安維持法廃止後の刑事法制を学ぶことで、私達は大きなヒントを得られるはずです。


日 時 2018年4月8日(日)
総 会    開場:13時15分 開会: 13時30分
記念講演会  開始:14時15分 閉会: 16時45分
場所 ウィルあいち 大会議室
 (地下鉄名城線「市役所」駅2番出口東へ徒歩10分)
講師 内田博文さん(九州大学名誉教授)「治安維持法と共謀罪」
プロフィール 1946年大阪府生まれ。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。
専門は刑事法学(人権)、近代刑法史研究。主な単著に『刑法学における歴史研究の意義と方法』(九州大学出版会)、『刑法と戦争 -戦時治安法制のつくり方』(みすず書房)、『治安維持法の教訓 権利運動の制限と憲法改正』(みすず書房)、『治安維持法と共謀罪』(2017年岩波新書)など。
現在、長年の研究を踏まえて、共謀罪の危険性について積極的に発言を重ねている。
報告 原 夏子さん 「父・新村猛と治安維持法」
参加費 500円
チラシ http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/180408.pdf
https://www.facebook.com/events/184994512271699/
主催 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
 TEL 052-838-8795
no_himitsu@yahoo.co.jp
 http://nohimityu.exblog.jp/
https://twitter.com/himitsu_control
https://www.facebook.com/nohimityu/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

c0241022_22241765.jpg


[PR]
by beshi50 | 2018-02-06 22:24 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
非常に寒い日でしたが、16名の参加で街頭宣伝を行いました。
c0241022_00262475.jpg
c0241022_00263244.jpg

ティッシュにチラシを挟み込んだものも合わせて配ったこともあって、チラシの受け取りは良かったです。

c0241022_00265864.jpg
c0241022_00273429.jpg
「安倍9条改憲NO!」の署名も集めました。

c0241022_00271023.jpg
c0241022_00271543.jpg
c0241022_00271224.jpg
署名と同時に、話し込んでいく人も何人かいらっしゃいました。
c0241022_00362565.jpg

c0241022_00274154.jpg
c0241022_00274447.jpg

次回の街頭宣伝は、2月14日(水)正午~。
この日はいつもの街宣車が来られず、幟や横断幕のグッズも少なめになります。
その分、いつも以上にたくさんの人の参加で盛り上げましょう。



[PR]
by beshi50 | 2018-01-11 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
本日の街頭アピール、16名で元気よく行いました。
c0241022_18275200.jpg

自由法曹団の「これが共謀罪です!」リーフレット入りのテッシュ200枚、
安倍9条改憲NO! あいち市民アクション12.17キックオフ集会チラシを
350枚配布しました。
c0241022_18393119.jpg


平日の昼間ですが、高校生のグループも何組か通りかかり
比較的よく受け取ってくれたりしました。
c0241022_18274199.jpg
明日12月6日は、秘密保護法が教区採決されてから丸4年の「記念日」です。
この後、安倍自公政権は次々と悪法を国会に出し、与党の数の力で問答無用で成立させてきました。
戦争への足音がだんだん近く、大きくなってきています。
憲法改悪の危機が高まっています。
c0241022_18274971.jpg
でも、自分から積極的に手を出してチラシを受け取ってくれる方、「頑張って下さい」と声をかける方も何人かおられ、丁寧にお辞儀されお礼を言われる方もおられました。
c0241022_18274567.jpg
人数が多いほどに、マイクの発言が続くほどに
チラシの受け取りもよくなります。



諦めない、めげない姿勢は、市民の間に少しずつでも浸透していると実感します。
来年も頑張って行きましょう。

次回の街頭宣伝は、2018年1月11日(木)12時から13時 栄・スカイル前です。


   *   *   *   *   *   *   *

安倍9条改憲NO!の声を大きく上げましょう!

c0241022_22464389.jpg



[PR]
by beshi50 | 2017-12-05 18:34 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」は、17/11/7に学習会「秘密法と共謀罪で肥大化する権力」を行い、100人が参加しました。
・当日配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/171107-1.pdf

以下報告です。
---
情報公開市民センター・理事長の新海聡弁護士が
颯爽と登場「秘密保護法情報開示訴訟」について」語った。
秘密保護法情報公開訴訟は最高裁で敗訴したが、
今後も情報開示を求めていく。
国会に上程する前には国民に審議過程の情報を出さないという
慣例を覆さなければならない。
国会へ出す前に情報を出せ!国会審議を形骸化させるな!
という声を上げていこう。

続いて、清水勉弁護士が
「日本の公安警察」について語る。
刑事警察と公安警察は全く違う。
刑事警察は犯罪を捜査。
公安警察は犯罪の発生とは関係なく、狙った人たちの個人
情報を日常的に収集する。
しかも、警察組織内で出世するのは公安出身。
「地べたをはいずり回っているが、やつらは
国家の何たるかを知らない」と刑事警察を
バカにしているのが公安警察。
イメージが湧いた。

新海弁護士と清水弁護士の対談
20年来のお付き合いというおふたりの掛け合いに
会場から笑い声も。

公安警察から脅された体験談を交え、
その手口を語る新海弁護士。
ビビらせるのが目的だ、と。

清水弁護士は、
法律の規定がないのに
なんでもやっちゃう無法者が公安警察だと。

責任をもって発言する自由は、監視社会からは
生まれない。監視されたら自由に発言できない。
あらゆる人が監視の主体であり対象になっている
いまの社会で、さあどうするのか!
考えさせられました。

最後に清水勉さんが、
スノーデンの言葉を引用して、プライバシーがいかに大事かを
語った。
「プライバシーとは、悪いことを隠すということではありません。
プライバシーとは力です。プライバシーとはあなた自身のことです。
自分であることの権利です。他人に害を与えない限り自分らしく生きる
ことのできる権利です」

--------

c0241022_14455375.jpg

↑対談する2人
c0241022_14324034.jpg

↑新海聡弁護士
c0241022_14325685.jpg

↑清水勉弁護士
c0241022_14322714.jpg

↑司会の浜島将周弁護士
c0241022_14333095.jpg

↑会場には100人が集まりました
c0241022_14462814.jpg

↑締めの挨拶を行う中谷雄二弁護士

[PR]
by beshi50 | 2017-11-07 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
秋晴れの気持ちのいい「街宣日和」、栄のスカイル前に17人が集まりました。
青空に、黄色のノボリ、横断幕がとても映えます。

c0241022_02342397.jpg

第一声はHさん、
国会の野党の質問時間を削減し
国会議員数に応じて質問時間を決めるという
自民党を厳しく批判しました。

c0241022_02222768.jpg
続いて、Kさん。
秘密保全法に反対しこの会を立ち上げて以来、
戦争する国に向かう政府の政策に反対し、
当会は声を上げ続けてきたこと。
民主主義・国民主権にとって、
知る権利がどれほど重要なことかを訴えました。
c0241022_02223007.jpg
浜島事務局長も駆けつけて参加しました。

マイクが廻るにつれて、チラシの受け取りはどんどん良くなりました。
こんな会話も。
通行人「秘密法も共謀罪も通ったでしょう。まだ反対しているの?」
「そうです。通っても終わりじゃあないですよ。
廃止させるためにずっと声をあげています。政府のやっていることを
監視しているんですよ。専門家のお話も聴く学習会もやりますよ」
通行人「そうか。大事なことですね」
「がんばってください」「ありがとう」との一言をかけてくれる人もいました。
c0241022_02223414.jpg
連続学習会と共同行動の11.19集会&デモチラシのセットを300枚用意しました。
12時から13時の1時間で全部を配りおえました。


次回の街宣は12月5日(火)12時から13時まで栄・スカイル前です。
また集まりましょう。

       *    *    *    *

c0241022_02303406.jpg


c0241022_02303830.jpg

[PR]
by beshi50 | 2017-11-03 02:30 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」は本日17/10/18に臨時街頭宣伝を行いました。
選挙戦の真っただ中で10名の方が集まり果敢に市民に訴えました。
12時きっかりに始めた街宣は主催者の共謀罪も戦争法も廃止しようという宣言を皮切りに、安倍政権が進めてきた諸政策を批判し、来る投票日には棄権することなく投票しよう、それが市民の権利であり、しっかり行使しようと呼びかけました。

また、「北」の挑発をことさら強調し戦争体制を作ろうとしている安倍政権の危険な動向を訴えました。

それなりの財源など工夫すればどこからでも出てくる、それをしないで消費税を上げるのはけしからん。などあたかも立候補者ではないかと錯覚するほどの熱弁をふるいました。

c0241022_18000352.jpg
c0241022_18001371.jpg
c0241022_18014788.jpg


[PR]
by beshi50 | 2017-10-18 18:02 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)