人気ブログランキング |

特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2013年 03月 27日 ( 2 )

秘密保全法学習会が 3/30(土)名古屋・新潟で、4/20(土)福井・大阪であります。
ぜひご参加ください。

-----------------------------------------------------
3/30(土)国家のウソが隠される!?情報統制法=秘密保全法を許すな!
秘密保全法に反対する愛知の会結成1周年総会・春の大講演会 (名古屋)

いま作られようとしている「秘密保全法」は、政策に関わる重要な情報を
国民から隠す、とても危険な法律です。秘密保全法は、国家のウソに迫る
ジャーナリストや一般市民をも処罰対象とすることで、防衛・外交・
公共の安全及び秩序の維持という重要な政策に関わる国家のウソを
覆い隠す法律です。情報統制は、知る権利を侵害し、民主主義を破壊します。
西山さんの講演を通して、ジャーナリズムと情報公開の観点から
秘密保全法の危険な問題を考えます。奮ってご参加ください!

講演:西山太吉さん (元毎日新聞記者)
 1971年の沖縄返還協定の裏で、本来アメリカが負担すべき
 軍用地原状回復費用(当時のお金で72億円)を日本が肩代わりする
 という「密約」が交わされました。当時毎日新聞の記者だった
 西山さんは、この「密約」の存在を示す電文を入手して公表し、
 日本政府のウソを暴いたことで罪に問われました。
日時 2013年3月30日(土) 13時30分開演(13時開場)
場所 名古屋市 栄ガスビル5階 ガスホール
 ・地下鉄「栄」駅サカエチカ6番出口徒歩5分
 ・地下鉄「矢場町」駅6番出口徒歩2分
  http://www.gasbldg.net/access/access_sakae.html
資料代 500円
総会 講演に引き続き、同じ会場にて「秘密保全法に反対する愛知の会」の
 総会を行います。会員でない方もご参加いただけます。会員も募集しています。
 ぜひ一緒に秘密保全法に反対しましょう。
主催 秘密保全法に反対する愛知の会 http://nohimityu.exblog.jp/
お問合せ 弁護士法人名古屋南部法律事務所 TEL 052-682-3211
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/130330.pdf
http://nohimityu.exblog.jp/19424316/
☆ネット中継あり
 http://www.ustream.tv/channel/iwj-aichi1 
 ツイッターハッシュタグ #iwj_aichi1

----------------------------------------------------------------------------
3/30(土)秘密保全法に反対する市民集会(新潟)

日時:2013/3/30(土)午後2時~5時
場所:新潟市中央区上所2の新潟ユニゾンプラザ
 http://www.unisonplaza.jp/access/index.html
講演:海渡雄一弁護士(日本弁護士連合会前事務総長)
   寸劇なども。
主催:秘密保全法に反対する市民集会実行委員会
問い合わせ:新潟合同法律事務所(TEL 025-245-0123)
http://www.niigatagoudou-lo.jp/
------------------------------------------------
4/20(土)市民オンブズマン福井/講演会「秘密保全法って何?」(福井)

日時 4月20日(土)14時 (~15時)
場所 福井県教育センター(3階) ※ 「福井県国際交流会館」の通りです。
   http://goo.gl/3TjeR
講師 吉川健司 (弁護士/市民オンブズマン福井代表幹事)
入場無料。市民オンブズマン福井の会員でない方もぜひご参加ください。
お問合せ 事務局 090-9441-6149 伊東まで
主催 市民オンブズマン福井
   http://homepage2.nifty.com/OmbudsFukui/

「秘密保全法」って何?
 私たちには関係ない!と思っていませんか?
 私たちの身近な問題の情報が「特別秘密」にされたら・・・
「秘密保全法」は「国の存立にとって重要な情報」を「特別秘密」に指定し、
 秘密を扱う人には「適正評価制度」を導入し、「特別秘密」をもらした人に
 重罰を科すことを柱としています。
 「秘密保全法」が制定されたとして、情報公開請求した情報がたまたま
 「特別秘密」か、それに近い情報だったら、いったいどうなるでしょうか?
 「秘密保全法案」は、私たちの表現の自由、知る権利、プライバシー権を
 侵害する恐れのある、極めて問題のある法案です。
http://3courage.cocolog-nifty.com/ombuds_fukui/2013/03/post-be00.html
------------------------------------------------------------------
4/20(土)大阪弁護士会シンポジウム 知る権利が危ない!part II
「秘密保全法で警察不祥事も隠される!?」(大阪)

日時 2013年4月20日(土)13時30分~16時30分(13時開場)
会場 大阪弁護士会館2階ホール
   ・地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
    http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/index.php
1)基調講演
2)特別報告
3)寸劇
4)パネルディスカッション
パネリスト:市川正人氏(立命館大学法科大学院法務研究科教授)
      原田宏二氏(元北海道警察釧路方面本部長・市民の目フォーラム北海道代表)
      わかぎゑふ氏(劇団リリパットアーミーII座長)
参加費無料
申し込みは以下から(チラシあり)
http://www.osakaben.or.jp/web/event/2013/130420.php
by beshi50 | 2013-03-27 23:10 | 他団体のお知らせ・資料 | Trackback | Comments(0)
2013/3/15の衆議院内閣委員会で、赤嶺政賢衆議院議員(共産党)が、
防衛省が防衛秘密を扱う自衛官や職員に対し、本人だけでなく配偶者や
友人まで思想調査・身辺調査を行っていたことが内部告発により
分かったと述べました。

赤嶺議員が内部告発により入手した「身上明細書」によれば、
職員等に記載させていた項目は以下の模様です。
【本人】
・帰化の有無、住所歴、職歴
・交友関係(家族ぐるみの交際、交際中の異性など)
・負債金額と借入目的、返済月額、完済予定日
・所属団体(クラブ、連盟、運動、宗教、趣味等)の所在地、目的、所属期間
・刑事処分の有無
・外国への渡航歴
・アルコール、薬物乱用、精神面を原因とする治療またはカウンセリングの有無
【本人以外】
・配偶者(婚約者、内縁関係も含む)の国籍、勤務先、職務内容、帰化の有無
・親族、同居人の国籍、勤務先、職務内容、帰化の有無
・交友関係者の名前、生年月日、住所、勤務先
・外国人交友者の名前、住所、職業・勤務先、関係程度

身上明細書の記入要領には「本人に確認してはならない」とあり、
自衛隊とは関係のない一般市民の個人情報までが無断で防衛省側に
知られてしまうことになります。
また、内部告発者は「5年に1度身辺明細書を書かされ、記載が正しいかどうか
身辺調査も行われている」と話しているとのこと。

上記は「秘密取扱者適格性確認制度」に基づき行っている模様で、
「カウンターインテリジェンス推進会議」が定めた基本方針が
根拠となっているようですが、政府は上記方針を明らかにせず、
内部告発の書類の真贋を含めて答弁を差し控えました。
さらに、他省庁でも同様の調査が行われているかどうかについても答弁を
差し控えています。

秘密保全法ができれば、これら身辺調査が「合法的」にできることになり、
しかも国民はどのような調査がなされているかがわかりません。
これら「秘密取扱者適格性確認制度」の実態を国民に知らせるべきですし、
秘密保全法の危険性をすでに先取りしているといえます。

---------------------------------------------------------
平成25年3月15日 衆議院内閣委員会 会議録
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm

平成二十五年三月四日提出 提出者  赤嶺政賢
特別管理秘密及び秘密取扱者適格性確認制度に関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a183031.htm
平成二十五年三月十二日答弁書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b183031.htm
----------------------------------------------
NPO法人 情報公開クリアリングハウス
秘密保全のための法制の在り方に関する有識者会議
第3回配布資料(秘密取扱者適格性確認制度の概要あり)
http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=411

H24.07.24 情報公開・個人情報保護審査会
カウンターインテリジェンス機能の強化に関する基本方針の一部開示決定に関する件
(平成24年(行情)諮問第100号)
http://www8.cao.go.jp/jyouhou/tousin/h24-03/indexh24-03.html
(その後答申通りに一部開示されるも、残りの部分を13/2/27に大阪地裁に提訴)

----------------------------------
20130315 赤嶺政賢ブログ
公務員「秘密取得者制度」問題で赤嶺議員が質問 内閣委員会(動画あり)
http://jcpakamine.jugem.jp/?eid=1455

2012-08-24 衆議院議員塩川てつや(日本共産党)ブログ
公務員身辺調査の「ガイドライン」を開示/ほとんど黒塗り
(開示された黒塗り「ガイドライン」あり)
http://www.shiokawa-tetsuya.jp/modules/nissi/index.php?id=295
--------------------------------------------------------------
毎日新聞 2013年3月15日(金)20時31分配信
<防衛省>思想・交友調査の疑い 秘密扱う職員選別の際
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000097-mai-soci

2013/3/15 東京新聞夕刊
防衛省が思想信条調査 機密扱う自衛官、職員 憲法違反の恐れ
c0241022_21241211.jpg


2013/3/16 東京新聞
防衛省の思想信条調査 秘密保全法制先取り 「記入は強制も同然」
c0241022_21242411.jpg


毎日新聞 2013年3月16日
本人の同意なく身辺調査 秘密を取り扱う国家公務員
c0241022_21304442.jpg


毎日新聞 2013年3月16日
防衛省、職員の思想調査 本人同意なく 憲法抵触の恐れ
c0241022_2132579.jpg


毎日新聞 2013年3月16日
原発事故時、東電への衛星写真提供 特別管理秘密 恣意的に解除?
c0241022_21285234.jpg


毎日新聞 2013年03月16日 東京朝刊
国の秘密指定制度:運用実態不透明 「防衛秘密」保存期間さえ不開示
http://mainichi.jp/select/news/20130316ddm012010186000c.html

2013年3月14日(木)しんぶん赤旗
身辺調査 結果知らせず 国家公務員の「適格性確認」
赤嶺議員への政府答弁書
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-14/2013031401_04_1.html

2013年3月15日(金)しんぶん赤旗
自衛隊員の思想・交友調査 防衛省資料を本紙入手 人権を侵害・違憲
公務員「秘密取扱者制度」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-15/2013031501_02_1.html

2013年3月16日(土)しんぶん赤旗
憲法違反の「身上明細書」 全省庁で実施か
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-16/2013031601_03_1.html
by beshi50 | 2013-03-27 21:33 | 秘密取扱者適格性確認制度 | Trackback | Comments(0)