人気ブログランキング |

特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2012年 09月 07日 ( 1 )

秘密保全法に関し、12/9/20(木)18時30分から大阪市で、
9/24(月)18時から北九州市で学習会が開催されます。
お近くの方はぜひご参加ください。

----------
9/20(木)大阪弁護士会 シンポジウム
『知る権利が危ない!「秘密保全法で原発情報も隠される!?」』

 政府は今「秘密保全法」を作ろうとしています。
 秘密保全法とは、政府等が一方的に指定した情報の漏えいを防ぐための
法律のことです。
 秘密保全法が成立すると、例えば、原発情報・放射能に関する情報は
「特別秘密」に該当し、秘密として明らかにされないおそれがあります。
また、処罰を恐れた報道機関が取材自体を自粛するなど、国民の
知る権利や取材・報道の自由(憲法21条)に与える影響は甚大です。
 大阪弁護士会では、皆様に秘密保全法の問題点をご理解いただくために
寸劇を行います。
 多数の方のご参加をお待ちしております。

2012.9.20(木)18:30-20:30(開場18:00)
大阪弁護士会館2階ホール
http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/index.php
参加費無料
主催:大阪弁護士会
お問い合わせ先:大阪弁護士会 委員会部 人権課
 TEL 06-6364-1227
※当日参加も可能ですが、できれば、以下申込書にて事前申込みをお願いします。
 https://www.osakaben.or.jp/web/entry/form.php?id=id_5046b427b22f0

チラシ:http://www.osakaben.or.jp/web/event/2012/120920.php

内容
 1.基調報告
 2.寸劇
 3.パネルディスカッション

パネリスト 玉岡かおる氏(作家)
      東海林 智氏(毎日新聞記者・前新聞労連委員長)
      笠松 健一氏(大阪弁護士会所属弁護士・秘密保全法問題検討
             プロジェクトチーム事務局長)

-------------------------------------------------
9/24(月)「秘密保全法」学習会(北九州)

政府は、次期国会で秘密保全法の制定を画策しています。しかし、
この法律がいかに危険かを市民は知りません。この学習会で学び、
市民に知らせ、法案の成立を阻止しましょう。

★えぇ?! こんなことで「10年以下の懲役」の厳罰に?!
 「欠陥機オスプレイの配備反対」の署名活動をした
   ・・・“「国の安全」に関わる「防衛秘密」をもらした”罪に?!
 「原発事故の放射能の健康への影響を示せ!」のチラシを配布した
   ・・・“「公共の安全と秩序」について「国民の不安をあおり、
       公共の秩序を害した」”罪に?!
 ★「特別秘密」の決定権は行政機関に
  第3者によるチェックはありません。国会での追及もできません。
 ★「特別秘密」を守るため、国民のプライバシーが調べられる
  「特別秘密」を取り扱う人だけでなく、その家族や親戚、恋人や
   知人なども調査の対象となり、住所や学歴、犯罪歴、借金の状況、
   通院歴など、生活全般が調査の対象となります。

◆日 時  9月24日(月)午後6時~
◆場 所  KMMビル4階 第3・4会議室
     (小倉駅北口正面 徒歩数分)
◆講 師  井 上 正 信 弁護士
 (日本弁護士連合会 秘密保全法制対策本部副本部長)
主催 自由法曹団福岡支部
連絡先 北九州第一法律事務所
 電話(093)571-4688
http://kd-lo.2-d.jp/?p=990
by beshi50 | 2012-09-07 19:31 | 他団体のお知らせ・資料 | Trackback | Comments(1)