人気ブログランキング | 話題のタグを見る

特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

愛敬教授「『鈍痛のプライバシー』こそ市民社会にとって重要だ」

秘密法と共謀罪に反対する愛知の会は、22/5/30にオンライン講演会「市民の政治的表現の自由が市民社会を守る」~大垣警察市民監視違憲訴訟1審判決を題材に~ を開催し、約90名が事前申込しました。

22/6/29まで録画視聴可能です。
事前に申し込しみをし損なった方で、録画視聴をご希望の方は no_himitsu@yahoo.co.jp まで(参加費500円。カンパ歓迎)。
(録画視聴を申し込まれた方には、愛敬先生の詳しいレジュメをお送りします。)
ご不明な点は、電話052-953-8052(内田)まで。  

愛敬教授「『鈍痛のプライバシー』こそ市民社会にとって重要だ」_c0241022_12142291.png


講師の愛敬浩二・早稲田大学法学部教授(憲法学)は、「社会全体の健康を守る市民社会には、『政府にとって望ましくない発言をする人』を守ることが重要だ。大垣警察市民監視事件だけでなく、全国的に捜査機関等による『市民社会』への攻撃が相次いでおり、本訴訟に勝訴することが極めて重要だ。本件は古典的プライバシーだけでなく、名前、住所、メール、電話番号など『プライバシー外延情報』も問題となっており、さらに収集・管理も問題となっている。それらは『激痛』ではなく『鈍痛』だが、それこそが重要だ」と述べました。

質疑の際、原告の船田伸子さんや近藤ゆり子さんが、当事者としてどう思っていたかを率直に語りました。

・引き続きのご支援をお願いいたします。
 郵便振替口座 00840-3-214850
 ゆうちょ銀行 当座 〇八九店 214850
 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
・新規会員募集中です。

----------
・大垣警察市民監視違憲訴訟の勝利をめざす「もの言う」自由を守る会

トラックバックURL : https://nohimityu.exblog.jp/tb/32606143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by beshi50 | 2022-05-30 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)