特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

18/4/8(日)秘密法と共謀罪に反対する愛知の会総会+記念講演会「今こそ学ぼう治安維持法と共謀罪」

秘密法と共謀罪に反対する愛知の会は、18/4/8(日)13時半~ ウィルあいちで総会と記念講演会を行います。
どなたでも参加できます。ぜひご参加下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】4/8(日)秘密法と共謀罪に反対する愛知の会 第6回総会+記念講演会
 今こそ学ぼう治安維持法と共謀罪
 
安倍政権の目指す戦後レジームからの脱却、これが戦前回帰の企てであることは明らかです。
そのために、安倍政権は市民の反対の声を無視して秘密保護法、安保法・戦争法など次々に法制定・改訂を強行してきました。
そうして、去年策定された共謀罪法。本当の意味を知り、廃止に追い込むための方法を考えるために歴史に学びましょう。
治安維持法制定の経緯を学び、治安維持法下の日本の姿を学び、治安維持法廃止後の刑事法制を学ぶことで、私達は大きなヒントを得られるはずです。


日 時 2018年4月8日(日)
総 会    開場:13時15分 開会: 13時30分
記念講演会  開始:14時15分 閉会: 16時45分
場所 ウィルあいち 大会議室
 (地下鉄名城線「市役所」駅2番出口東へ徒歩10分)
講師 内田博文さん(九州大学名誉教授)「治安維持法と共謀罪」
プロフィール 1946年大阪府生まれ。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。
専門は刑事法学(人権)、近代刑法史研究。主な単著に『刑法学における歴史研究の意義と方法』(九州大学出版会)、『刑法と戦争 -戦時治安法制のつくり方』(みすず書房)、『治安維持法の教訓 権利運動の制限と憲法改正』(みすず書房)、『治安維持法と共謀罪』(2017年岩波新書)など。
現在、長年の研究を踏まえて、共謀罪の危険性について積極的に発言を重ねている。
報告 原 夏子さん 「父・新村猛と治安維持法」
参加費 500円
チラシ http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/180408.pdf
https://www.facebook.com/events/184994512271699/
主催 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
 TEL 052-838-8795
no_himitsu@yahoo.co.jp
 http://nohimityu.exblog.jp/
https://twitter.com/himitsu_control
https://www.facebook.com/nohimityu/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

c0241022_22241765.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://nohimityu.exblog.jp/tb/29244392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by beshi50 | 2018-02-06 22:24 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)