特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

西日本新聞 集団的自衛権行使容認の閣議決定案 全文掲載(6/18)

西日本新聞は14/6/18づけで、集団的自衛権行使容認の閣議決定の全文を掲載し、
WEBにも全文を載せました(下記)。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/95672
6/17のニュースでは、提示した原案はその場で回収したとのことでした。

『○「武力の行使との一体化」についての議論の積み重ねを踏まえつつ、こうし
た枠組みではなく、他国が「現に戦闘行為を行っている現場」ではない場所で実
施する補給、輸送等のわが国の支援活動については、当該他国の「武力の行使と
一体化」するものではないとの認識の下、以下の考え方に基づき、わが国の安全
の確保や国際社会の平和と安定のために活動する他国軍隊に対して必要な支援活
動を実施できるよう法整備を進める。
・わが国の支援対象となる他国軍隊が「現に戦闘行為を行っている現場」では、
支援活動は実施しない。』

 などとありますが、そもそも補給、輸送は武力行使と一体で報復を受けざるを
得ない行為ですし、「現に戦闘行為を行っている現場」を極々狭く解釈しようと
いうのでしょうけれど、イラク派兵の際、政府はバグダッド空港は「非戦闘地
域」などと説明しましたが、名古屋高裁は戦闘地域であり、武装米兵の空輸は
武力行使と一体化した行動と判断しました。
 しかし、なぜこの文言で、停戦前の機雷除去までできるというのでしょうか。
結局、解釈で何でもできるとするのでしょう。

14/6/18午前に行われた菅 義偉内閣官房長官記者会見では、
今国会中での閣議決定は見送るとのこと。
しかし、今国会中にやって批判されることは、会期後にやったって批判されます。

各地で集団的自衛権行使容認に対して反対の声があがっています。
政府はこれらの声を無視できず、今国会中での閣議決定を見送ったのだと考えます。
今後も引き続き声をあげていきましょう。
---------------------
2014年06月18日西日本新聞(最終更新 2014年06月18日 02時01分)
集団的自衛権明記、行使を容認 閣議決定案の全文判明、政府提示
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/95672

2014年06月18日西日本新聞(最終更新 2014年06月18日 02時01分)
集団的自衛権明記、行使を容認 閣議決定案の全文判明、政府提示
集団的自衛権、閣議決定原案の全文
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/95672/detail

2014年06月18日西日本新聞(最終更新 2014年06月18日 02時00分)
9条精神どこへ 閣議決定案判明
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/95671

-----------------------------------------
平成26年6月18日(水)午前 内閣官房長官記者会見
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/18_a.html
[PR]
トラックバックURL : https://nohimityu.exblog.jp/tb/22249472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by beshi50 | 2014-06-18 22:41 | 報道 | Trackback | Comments(0)