特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アメリカ 1年間で1億件の秘密指定も監視・自動解除制度あり

アメリカの情報公開制度・機密保護制度に詳しい、「法廷メモ訴訟」原告で有名な
ローレンス・レペタ明治大学特任教授が、
2013年10月31日に東京で「秘密の帝国アメリカの秘密保護法制と
安全保障・情報公開の国際原則」と題して講演されました。
http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=808

出席された瀬畑源さんが、講演内容をまとめられました。
http://togetter.com/li/584094
「日本政府は米国の「秘密指定」の側の制度をよく学び、監視する
制度を無視した」とのこと。

動画もあります。
http://www.ustream.tv/recorded/40346435

大変興味深かったので、一部抜粋します。
なお、日本では現在の「特別管理秘密」で約40万件とのこと。
今後「特定秘密」は「特別管理秘密」を引き継ぐとのことですが、
監視・自動解除制度がなければどんどん特定秘密が膨らみ、闇に消えてしまいます。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0103Z_R01C13A1PP8000/

---------------------------------------------------
米国のスノーデン事件やウィキリークスへの情報提供で逮捕された
マニング氏の事件、双方とも階級がものすごく低いのに
なぜ最高機密に触れたのか。それはそもそも秘密の取扱いが
許されている職員が、極秘レベルで350万人、その下の機密レベルで
プラス140万もいる。

2012年度1年間で秘密指定を受けた文書は、最高機密で2400万件、
極秘で5850万件、秘が1300万件。1年間で1億件の秘密指定をされている。
つまり秘密が過剰になっている(overclassification)。よって
これだけ多ければ漏えいも起きる。

こういった秘密指定が多くなったのはマンハッタン計画あたりから。
トルーマンが大統領令で整備。ただ、秘密が多くなりすぎたため、
クリントン政権の大統領令12958号によって、秘密指定に期限
(最長10年(延長できる?)、25年で自動解除、秘密指定の理由などを
書くなどが必要に。

いまは1978年に国立公文書館(国立公文書記録管理局)に作られた
情報保全監察局(ISOO)が秘密指定の監視を担っている。自動解除
だけでなく、国民からの審査要求があれば、その審査も行い、
強制的に解除する権限も存在している。他にも色々と審査をしているようだ。

2012年度には約4000万ページの審査を行い、約1800万ページを解除した。
また、審査要求された約40万ページのうち、半分以上は全開示、
棄却されたのは18%ぐらい。また審査への不服申立がISCAP
(省庁間秘密指定審査委員会)に可能であり、そこでもかなり
公開決定される。

ISCAPは主要政府機関の代表者の集まり。そこで25年の自動解除の例外を
認めるかどうかも判断する。またオバマが2009年にFCGR
(基本的秘密ガイダンス審査)というのを始めたようで、秘密指定の
見直しがさらに行われている。基本的に民主党政権下で指定解除が進むようだ。

レペタさんの話の要点は、要するに米国では秘密は際限なく広がる
ものであり、それをどうやって狭めるかを考えた制度設計がなされて
いるということだろう。米国は秘密にしている文書が一杯あるが、
監視する制度もまた充実しており、常に「秘密」と「知る権利」の
バランスを取ろうとしているとのこと。

これを聴いていて「日本政府は米国の「秘密指定」の側の制度をよく学び、
監視する制度を無視した」のだなとの感想を抱いた。まあ要するに
共和党の発想を安倍さんは学んだということなんだろうね。

----------------------
2013/11/2 2:00 日本経済新聞
特定秘密、まず40万件程度指定 暗号・衛星など
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0103Z_R01C13A1PP8000/
[PR]
トラックバックURL : https://nohimityu.exblog.jp/tb/20898858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 考えるのが好き at 2013-11-02 22:45 x
スノーデンの階級はものすごく低くないと思ってましたが・・・学歴は無関係ですよね?あちらは。それより、最高機密にアクセスできるのが81万人もいるという仕組みに目を向けなければ。
by beshi50 | 2013-11-04 00:00 | 他団体のお知らせ・資料 | Trackback | Comments(1)