特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

NPO法人 情報公開市民センターは、特定秘密指定管理簿に記載された概要が一部不開示だった以下の件について、内閣官房副長官補ならびに法務大臣に対して特定秘密指定管理簿を添付して内容を情報公開請求したところ全面不開示決定だった件で、15/12/24に開示を求めて審査請求・異議申し立てを行いました。

【内閣官房副長官補あての開示請求】
 ・特定秘密指定整理番号「02e-201412-001-2ロb-001」平成26年12月26日に指定した「■について平成25年5月及び平成26年2月に作成された我が国の政府が講じる措置又はその方針」
 ・特定秘密指定整理番号「02e-201412-002-2ロb-002」平成26年12月26日に指定した「■について平成25年8月に作成された我が国の政府が講じる措置又はその方針」
 ☆特定秘密指定管理簿
  http://www.ombudsman.jp/data/150320kanbou-2.pdf
【法務大臣あての開示請求】
 ・特定秘密指定整理番号「08■-201412-1-2ロb-1」平成26年12月26日に指定した「■について平成25年5月及び平成26年2月に作成された我が国の政府が講じる措置又はその方針」
 ☆特定秘密指定管理簿
  http://www.ombudsman.jp/data/150316houmu.pdf

【開示決定書】
 内閣官房副長官補
  http://www.ombudsman.jp/data/151104.pdf
 法務大臣
  http://www.ombudsman.jp/data/151106.pdf

【不開示理由】
 上記の文書は、全体に渡り、危機管理に関する情報が記載されており、公にすると、危機管理体制に重大な影響を及ぼすこととなり、国の安全が害されるおそれや、公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれ、及び当該事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれもあることから、法第5条第3号、4号及び6号に定める不開示情報に該当するため不開示とした。

【内閣総理大臣あての審査請求書】
 http://jkcc.gr.jp/data/151224-1.pdf
【法務大臣あての異議申立書】
 http://jkcc.gr.jp/data/151224-2.pdf
 
これでは、何が特定秘密に指定されたか分からないだけでなく、内容すら全く分かりません。まさに「何が秘密かはヒミツ」です。
情報公開・個人情報審査会において、インカメラ審理ならびにボーンインデックスを求めています。

参考:内閣官房 特定秘密指定管理簿 一部不開示決定書 
 http://www.ombudsman.jp/data/150320kanbou-1.pdf
法務省 特定秘密指定管理簿 一部不開示決定書 
 http://www.ombudsman.jp/data/150316houmu-1.pdf
 

------------------------
NPO法人 情報公開市民センター 特定秘密保護法特設ページ
http://www.jkcc.gr.jp/menu6.html

d0011701_1662495.jpg

↑開示された、法務省の特定秘密指定管理簿
 概要も黒塗り。特定秘密を指定した役人の肩書も非公開。
[PR]
by beshi50 | 2015-12-25 16:53 | 資料 オリジナル | Trackback | Comments(0)
秘密保全法に反対する愛知の会は15/12/22に名古屋YWCAで学習会「世界はどうみる?日本の「表現の自由」~政府による「国連特別報告者」公式訪問延期の意味~」を開催し、101名の参加者で大盛況でした。

イギリス在住の国際人権法の研究者である藤田早苗氏(英エセックス大学人権センター フェロー)は、「日本で知られている日本の姿と、海外で知られている日本の姿は違う」として、海外でどう日本が見られているかをユーモアを交えて説明しました。藤田さんはイギリスから先月末に帰国して以降、東京で2か所、大阪、川崎、横浜、静岡、浜松、四日市で講演され、今後徳島でも講演するとのこと。数多くの大学でも講演し、多数のメディアで取材されています。

世界人権宣言19条では、「情報及び思想を求め、受け、及び伝える自由を含む」としているにもかかわらず、日本では表現の自由の抑圧と自主規制がここ数年急速に進んでいるとしました。特にマスメディアのあり方について、日本と海外ではスタンスが違うとし、イギリスでは議論させて様々な意見を聴くことができるようにしているとしました。日本の報道の自由の国際ランキングが安倍内閣になってから急速に落ちてきていることも紹介されました。

毎年12月10日は世界人権宣言を採択した日として世界人権デーが行われていますが、2014/12/10には日本では秘密保護法が施行されており、世界に逆行しているとしました。

国連人権理事会が選出する41テーマの「特別報告者」はすべてボランティアであり、2年前、藤田さんが秘密保護法の危険性を知って、法案を英訳した上で「通報制度」に基づいて特別報告者にコンタクトを取ったところ、2013/11/23に特別報告者は声明を発表しました。国連人権高等弁務官も、2013/12/3に記者会見で秘密保護法の危険性について述べたところ、自民党からは「謝罪や罷免、分担金の凍結」を求める声が上がり、国際社会から失笑されています。

その後も藤田さんは2014年7月に国連自由権規約委員会にも働き掛け、日本政府に対して説明を求め、国連人権基準にのっとって秘密保護法を修正すべきと勧告が出ました。同委員会に対しては、日本のNGOが特に重視したのが秘密保護法とヘイトスピーチ問題であり、ヘイトスピーチの問題では実際に日本でヘイトスピーチをしている団体も国連にはじめて乗り込んできて、国連関係者を驚かせたとのこと。

新特別報告者のデイビッド・ケイ氏は、日本に公式訪問することを日本政府の事前了承を得ていたにもかかわらず、日本政府は直前になって拒絶したことについて、極めて珍しく、独裁国家くらいしか前例がないのではないかとしました。これでは日本政府が自ら「表現の自由に対して問題がある」ことを認めたことになるとしました。毎年年間2カ国程度しか公式訪問しないにもかかわらず、今回日本政府が拒絶したことで、他国の調査ができず、ケイ氏は個人の資格として「残念だ」とブログに書きました。

日本では、人権条約に認められた権利を侵害された個人が、各人権条約の条約機関に直接訴え、国際的な場で自分自身が受けた人権侵害の救済を求めることができる「個人通報制度」が「選択議定書」を批准していないためできず、国連への関心が高まらないのではないかとしました。

世界中では、facebookにアクセスできない国、BBCが見られない国があります。表現の自由が抑圧される可能性のある「改憲」が次の選挙結果によってはなされるのではないか、特に緊急事態条項で表現の自由だけでなくあらゆる人権抑圧がなされるのではないかと藤田さんは危惧しています。

矢崎弁護士は、今回もイギリスからの帰国費用・国内滞在費用が40万円ほどかかっており、今後も国連に働きかけを行うための寄付募集をしていると伝えました。

共同代表の本秀紀・名古屋大学教授は、「表現の自由について政府が圧力を加えると委縮効果がある。市民が委縮すれば政府の思うつぼである。どこまでが制約かわからない。そのような委縮をしない社会を作っていくことが重要だ」と話しました。

c0241022_23365221.jpg

↑講演を行う、藤田早苗氏(英エセックス大学人権センター フェロー)

c0241022_23383347.jpg

↑報道の自由 国際ランキング

c0241022_23371495.jpg

↑藤田さんのイギリスからの交通費・国内滞在費のカンパを募集する、矢崎暁子弁護士

c0241022_23370378.jpg

↑会場には101名の参加者で大盛況でした。

c0241022_23372614.jpg

↑「市民が委縮すると権力側の思うつぼ」と話す、共同代表の本秀紀・名古屋大学教授

-------------
藤田さんの帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。12/3現在、多くの方々からの寄付金が20万円を突破しましたがまだ不足しております。国連「表現の自由」特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。


◎郵便振替口座
※「国連働きかけ」と記載ください。
  郵便口座番号=00840-3-214850  加入者名=秘密保全法に反対する愛知の会
◎ゆうちょ銀行口座
 ※以下口座にお振り込み後、FAX052-910-7727 かメール no_himitsu@yahoo.co.jp にて
  「国連働きかけ」カンパした旨ご連絡ください。
ゆうちょ銀行 0八九(ゼロハチキュウ)店 当座 0214850
  加入者名=秘密保全法に反対する愛知の会
【参考】
・秘密保全法に反対する愛知の会 公式facebook https://www.facebook.com/nohimityu/
・秘密保全法に反対する愛知の会 公式ブログ http://nohimityu.exblog.jp/
[PR]
by beshi50 | 2015-12-22 23:41 | 国際情報部会 | Trackback | Comments(0)
秘密保護法反対イベント 15/12/20以降をまとめました。
(秘密法に反対する全国ネットワーク 加盟団体以外も含む)
http://nohimityu.exblog.jp/i13/

2015年12月、国連「表現の自由」特別報告者が日本に公式訪問を行う予定でしたが、直前に日本政府から来年秋以降への延期の申し入れがあり、キャンセルされました。国連特別報告者に対し、特定秘密保護法をはじめとする「表現の自由」の危機的現状をより正確に伝えるため準備してきたイギリス在住の国際人権基準の研究者である藤田早苗さんが、今回の経緯ならびに世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、全国各地で講演会を行うことを引き受けていただきました。

すでに12/5・6東京、12/10川崎、12/14横浜で報告会を行い、聴衆に衝撃を与えました。
帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。12/14現在、多くの方々からの寄付金が24万円を突破しましたがまだ不足しております。国連「表現の自由」特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。
http://nohimityu.exblog.jp/25073665/


全国の最新情報は以下で読めます。
http://www.himituho.com/全国運動情報/
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/
http://nohimityu.exblog.jp/i13/
https://www.facebook.com/himitsuhozenhou

現在、秘密保護法に反対するために結成した全国各地の団体のうち65団体が集まって、
「秘密法に反対する全国ネットワーク」を結成し、各種情報交流を行っております。
http://www.himituho.com/全国ネット団体一覧/

参加したい団体の方は以下にお問い合わせください。
なお、他に関連イベントがあればぜひお教えください。
no_himitsu@yahoo.co.jp

【静岡】12/21
【愛知】12/22
【岐阜】1/11, 12
【三重】12/22, 1/9
【富山】12/26
【大阪】1/6
【徳島】12/27

【緊急カンパ・冊子・DVD・動画】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【静岡】12/21(月)緊急報告!!海外から見た日本の危機的状況
 表現の自由に関する国連特別報告者来日調査が政府にドタキャンされた真相を語る!

12/21(月)16:00-
講師:藤田早苗さん(エセックス大学人権センターフェロー)
定員:30名(先着順) 参加費:1000円
場所:宙法律事務所(静岡市駿河区南町10-6 村上駅南ビル2階
   054-289-7707
https://www.facebook.com/events/775948749198853/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【静岡】12/21(月)緊急報告!!海外から見た日本の危機的状況
 表現の自由に関する国連特別報告者来日調査が政府にドタキャンされた真相を語る!

12/21(月)19:00-
講師:藤田早苗さん(エセックス大学人権センターフェロー)
定員:30名(先着順) 参加費:1000円
場所:コミュニティカフェPao 浜松市中区野口町358
   053-545-6773
https://www.facebook.com/events/775948749198853/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】12/22(火) 世界はどう見る?日本の「表現の自由」(名古屋)

とき:12月22日(火)18時半~20時半
ところ:名古屋YWCA ビッグスペース
地下鉄「栄」駅 5番出口より東へ徒歩約3分
参加費: 500円
講師:藤田早苗さん(英国エセックス大学 人権センター フェロー)
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151222.pdf
    http://nohimityu.exblog.jp/24989239/
    https://www.facebook.com/events/168415336843496/
主催: 秘密保全法に反対する愛知の会
TEL 052-910-7721 FAX 052-910-7727
http://nohimityu.exblog.jp/ no_himitsu@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/nohimityu

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】12/22(火)藤田早苗さん報告会ー世界から日本の表現の自由はどう見られているか
   国連特別報告者デイヴィッド・ケイ氏公式訪問の受け入れ拒否を受けて

日時:12月22日(火)13時30分~15時30分
場所:四日市市文化会館第4ホールC室  http://yonbun.com/access-map
講師:藤田早苗 氏 (イギリス、エセックス大学人権センターフェ ロー)
参加費:500円
主催:藤田早苗さん報告会in四日市(代表 加藤美代子)
後援:秘密保護法を考える四日市の会
問合:miyokokato@dolphin.email.ne.jp 059-329-7987
参照ブログ:http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi
※席上で藤田さんの帰国・滞在のための費用のカンパを募ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【富山】12/26(土) 学習会 特定秘密保護法と適性評価制度

 日時: 12月26日(土)13:30~
 場所: 富山駅前CiCビル3階1,2,3学習室
 テーマ:「特定秘密保護法と適性評価制度」
 講師: 弁護士・北尾美帆さん
 資料代:500円
主催:秘密法廃止市民ネットとやま(旧称:「特定秘密保護法を考える
市民ネットワークとやま」から改称)
 備考:マイナンバー制度にも触れます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【徳島】12/27(日) 「安保法と憲法とくらしを考える会」part3
戦争は秘密から始まる。秘密法と戦争法、混ぜれば超危険!

12月27日(日) 14:00~16:00
ふれあい健康館 2F 会議室1(徳島市沖浜東2丁目16番地)
参加費 1000円
講師 藤田早苗氏(エセックス大人権センターフェロー)
主催 「安保法と憲法とくらしを考える会」 お問い合わせ 090-3784-7254(深田)
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151227.pdf

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】1/6(水) 戦争あかん!ロックアクション ―戦争法・秘密法廃止!―

1月6日18時半~
中之島水上ステージで集会・デモ
主催:戦争あかん!ロックアクション

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】1/9(土) 秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいち街頭活動

日時/1月9日(土)11時~12時
場所/近鉄四日市駅前ふれあいモール
内容/街頭宣伝 戦争をする国作りに反対(秘密保護法、安保法制など)のアピール、
自由な表現を持ち寄ってください。
主催/秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいち
問合せ/秘密保護法を考える四日市の会http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi
   事務局090-2925-0138、no-yokkaichi@outlook.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【岐阜】1/11(祝) 動き出している戦争法・秘密保護法

1/11(月・成人の日) 13:30~16:30 岐阜市民会館大会議室
 ・新春学習会「動き出している戦争法・秘密保護法」
   講師:岡本浩明弁護士
 ・学習後アクションン
  会場周辺で「戦争法廃止」「秘密保護法廃止」のプラカード掲示アクション
主催:秘密保護法を撤廃さあせよう!岐阜県女性の会
 連絡先:新婦人岐阜県本部(TEL 058-215-7502)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【岐阜】1/12(火) 秘密法も戦争法も廃止! 街頭宣伝

1/12(火) 11:30~12:30 栄スカイル前
主催:秘密保全法に反対する愛知の会
BLOG= http://nohimityu.exblog.jp/
FB= https://www.facebook.com/nohimityu
Twitter=https://twitter.com/himitsu_control

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【緊急カンパ】世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、報告会開催地とカンパ募集!
http://nohimityu.exblog.jp/25032943/

国連「表現の自由」特別報告者を日本政府が受け入れ拒否した経緯を身近に見てきた、
イギリス在住の研究者である藤田早苗さんが日本各地で報告会を行うために帰国します。
帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。12/3現在、多くの方々からの寄付金が20万円を
突破しましたがまだ不足しております。国連「表現の自由」特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に
知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【冊子】戦争は秘密から始まる: 秘密保護法でこんな記事は読めなくなる

日本新聞労働組合連合 (編集)
2015年2月25日発行
 本書は第一線で活躍する新聞記者たちが今までに書いた具体的な記事を通して、
 国民の知る権利が危機に直面していることをリアルに伝える。
A5判 96ページ 定価=本体700円+税
<目次>第一部 新聞記者にとっての秘密保護法
    第二部 秘密保護法によってこんな記事は読めなくなる
    第三部 市民の日常活動にもこんな影響が…
<問いわせ先>新聞労連 電話 03-5842-2201
<申し込み>新聞労連 FAX 03-5842-2250
    お名前、ご送付先〒住所、FAXまたe-mailアドレス
    をご記入の上FAXで新聞労連までお申し込みください。
    10冊以上の御注文で送料無料!
http://www.shinbunroren.or.jp/oshirase2/oshirase2.htm#20150202_27736
1冊からの方は以下からネットで注文できます。
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=467

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【冊子】岩波ブックレット「秘密保護法対策マニュアル」

著者:海渡雄一
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/2709210/top.html
第1章 秘密保護法とはどのような法律か
第2章 市民・ジャーナリストが活動・取材するとき
第3章 秘密に関与する公務員と内部告発
第4章 適性評価への情報提供は拒めるか
第5章 事件に巻き込まれたら
印税はすべて弁護団の活動資金になります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【冊子】秘密保全法に反対する愛知の会 作成冊子 世界はどう見ているか
 「国際人権基準と秘密保護法」をネットで公開しました。販売もしています。
http://nohimityu.exblog.jp/23314445/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【DVD】「とってもコワ~イ秘密保護法」

寸劇3本を収録 各15分ほど。
上地大三郎弁護士の解説付き。
送料込500円
「女たちの怒りの行動」<電088(662)4678>
申し込みは<ファクス088(663)6558>。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【動画】「ひみかなTV」をフォロー(登録)しよう!

「ストップ!秘密保護法かながわ」の動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCrMc993UZrCSyGHonH8EZ7w

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★情報をお持ちの方は、下の形式にしたがって情報を記入し、このメール
no_himitsu@yahoo.co.jp に返信してください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【県名】月/日(曜日)タイトル

日時/
場所/
内容/
主催/
備考/
c0241022_09493651.jpg

[PR]
by beshi50 | 2015-12-20 23:59 | 秘密全国ネット | Trackback | Comments(0)
秘密保全法に反対する愛知の会は、15/12/7に「世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、報告会開催地とカンパ募集!」を発表しました。
http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151207.pdf
http://nohimityu.exblog.jp/25032943/

2015年12月、国連「表現の自由」特別報告者が日本に公式訪問を行う予定でしたが、直前に日本政府から来年秋以降への延期の申し入れがあり、キャンセルされました。国連特別報告者に対し、特定秘密保護法をはじめとする「表現の自由」の危機的現状をより正確に伝えるため準備してきたイギリス在住の国際人権基準の研究者である藤田早苗さんが、今回の経緯ならびに世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、全国各地で講演会を行うことを引き受けていただきました。

すでに12/5・6東京、12/10川崎、12/14横浜で報告会を行い、聴衆に衝撃を与えました。
帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。12/14現在、多くの方々からの寄付金が24万円を突破しましたがまだ不足しております。国連「表現の自由」特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。

今後の報告会予定
・12/17(木)18:30〜 東京
・12/21(月)16:00~ 静岡
       19:00~ 浜松
・12/22(火)13:30~ 四日市
       18:30~ 名古屋
・12/27(日)14:00~ 徳島

カンパ受付先
◎郵便振替口座
※「国連働きかけ」と記載ください。
  郵便口座番号=00840-3-214850  加入者名=秘密保全法に反対する愛知の会
◎ゆうちょ銀行口座
 ※以下口座にお振り込み後、FAX052-910-7727 かメール no_himitsu@yahoo.co.jp にて
  「国連働きかけ」カンパした旨ご連絡ください。
ゆうちょ銀行 0八九(ゼロハチキュウ)店 当座 0214850
  加入者名=秘密保全法に反対する愛知の会

---------------------
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/17(木)【トーク・イベント】
 藤田早苗さん(英国エセックス大学人権センターフェロー)を囲んで語り合う会

テーマ:「国連からみた日本の表現・情報の自由」
  表現の自由に関する国連特別報告者フランク・ラルー氏の特定秘密保護法への声明(2013年)と、
  デイビッド・ケイ氏日本訪問に対する日本政府の拒否問題(2015年)を軸に語る。
日 時:12月17日(木) 18:30〜20:30(予定)
会 場:アカデミー茗台 7階 学習室B 〒112-0003 東京都文京区春日2丁目9番5号
    電話番号:03-3817-8306 https://www.yu-cho-f.jp/seminar/a_meidai_map.pdf
     東京メトロ丸の内線茗荷谷駅(1番出口)から徒歩10分
参加費:500円 主 催:「秘密保護法」廃止へ!実行委員会 
協 賛:MIC(日本マスコミ文化情報労組会議)、メディア総研 http://www.himituho.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【静岡】12/21(月)緊急報告!!海外から見た日本の危機的状況
 表現の自由に関する国連特別報告者来日調査が政府にドタキャンされた真相を語る!
 
12/21(月)16:00- 
講師:藤田早苗さん(エセックス大学人権センターフェロー)
定員:30名(先着順) 参加費:1000円
場所:宙法律事務所(静岡市駿河区南町10-6 村上駅南ビル2階
   054-289-7707
https://www.facebook.com/events/775948749198853/
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【浜松】12/21(月)緊急報告!!海外から見た日本の危機的状況
 表現の自由に関する国連特別報告者来日調査が政府にドタキャンされた真相を語る!
 
12/21(月)19:00- 
講師:藤田早苗さん(エセックス大学人権センターフェロー)
定員:30名(先着順) 参加費:1000円
場所:コミュニティカフェPao 浜松市中区野口町358
   053-545-6773
https://www.facebook.com/events/775948749198853/
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【四日市】12/22(火)藤田早苗さん報告会ー世界から日本の表現の自由はどう見られているか
   国連特別報告者デイヴィッド・ケイ氏公式訪問の受け入れ拒否を受けて

日時:12月22日(火)13時30分~15時30分 
場所:四日市市文化会館第4ホールC室  http://yonbun.com/access-map  
講師:藤田早苗 氏 (イギリス、エセックス大学人権センターフェ ロー)
参加費:500円
主催:藤田早苗さん報告会in四日市(代表 加藤美代子)
後援:秘密保護法を考える四日市の会
問合:miyokokato@dolphin.email.ne.jp 059-329-7987
参照ブログ:http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi
※席上で藤田さんの帰国・滞在のための費用のカンパを募ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【名古屋】12/22(火)学習会『世界はどうみる?日本の「表現の自由」』
~政府による「国連特別報告者」公式訪問延期の意味~

12月22日(火) 18:30~20:30 名古屋YWCAビッグスペース
講師:藤田早苗さん(英国エセックス大学人権センター フェロ-)
主催 秘密保全法に反対する愛知の会 
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151222.pdf
  https://www.facebook.com/events/168415336843496/ 
  http://nohimityu.exblog.jp/24989239

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【徳島】12/27(日)「安保法と憲法とくらしを考える会」part3

戦争は秘密から始まる。秘密法と戦争法、混ぜれば超危険!
12月27日(日) 14:00~16:00
ふれあい健康館 2F 会議室1(徳島市沖浜東2丁目16番地)
参加費 1000円 
講師 藤田早苗氏(エセックス大人権センターフェロー)
主催 「安保法と憲法とくらしを考える会」 お問い合わせ 090-3784-7254(深田)
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151227.pdf

c0241022_17395484.jpg

[PR]
by beshi50 | 2015-12-17 17:40 | 国際情報部会 | Trackback | Comments(0)
秘密保護法反対イベント 15/12/10以降をまとめました。
(秘密法に反対する全国ネットワーク 加盟団体以外も含む)
http://nohimityu.exblog.jp/i13/

全国の最新情報は以下で読めます。
http://www.himituho.com/全国運動情報/
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/
http://nohimityu.exblog.jp/i13/
https://www.facebook.com/himitsuhozenhou


なお【緊急】世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、報告会開催地とカンパ募集 をしています
http://nohimityu.exblog.jp/25032943/
国連「表現の自由」特別報告者を日本政府が受け入れ拒否した経緯を身近に見てきた、イギリス在住の研究者である藤田早苗さんが日本各地で報告会を行うために帰国します。
帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。12/3現在、多くの方々からの寄付金が20万円を突破しましたがまだ不足しております。国連「表現の自由」特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。
すでに、12月10日(木)川崎、14日(月)横浜、22日(火)名古屋、27日(日)徳島での講演会は決まっております。是非ご参加ください。

現在、秘密保護法に反対するために結成した全国各地の団体のうち65団体が集まって、
「秘密法に反対する全国ネットワーク」を結成し、各種情報交流を行っております。
http://www.himituho.com/全国ネット団体一覧/

参加したい団体の方は以下にお問い合わせください。
なお、他に関連イベントがあればぜひお教えください。
no_himitsu@yahoo.co.jp

【秋田】12/13
【東京】12/13, 17
【神奈川】 12/10, 14
【静岡】12/10
【愛知】12/22
【三重】12/19, 1/9
【富山】12/10, 26
【大阪】1/6
【徳島】12/17

【緊急カンパ・冊子・DVD・動画】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【神奈川】12/10(木)18:30- 緊急報告!!! 外国からみた日本 part2
今の日本の危機 特定秘密保護法、安保法制、表現の自由、、、

日時 2015年12月10日(木)18:30-20:45
場所 川崎市中原市民館・視聴覚室
  http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000030258.html
定員 60名(先着順) 資料代 1000円
講師 講師:藤田早苗さん (英国エセックス大学人権センターフェロー)
主催 秘密保護法を考える川崎市民の会 & OVERSEAs 協賛 ママの会@神奈川
   http://secrecy-bill-kawasaki.jimdo.com/ 問合せ:070-5586-8592(國米・コクマイ)
mail:kawasakisecrecybill@gmail.com http://secrecy-bill-kawasaki.jimdo.com
ツイッター @kawasakisecrecy http://www.overseas-no9.net/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【静岡】12/10(木) 秘密保護法違憲訴訟・静岡 第4回口頭弁論

日時/12月10日(木)10時~
場所/静岡地方裁判所
連絡先/藤森克美法律事務所(054-247-0411)
しずおか改憲阻止の会(090-9949-4595 事務局長/櫻井)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【富山】12/10(木) アベ政治を許さない!特定秘密保護法廃止!富山県民集会

日時:12月10日(木)18:30〜
場所:CiCビル前広場
主催:富山県平和運動センター

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【秋田】12/13(日) 裁判劇「くらやみの法廷~特定秘密保護法に異議あり!!~」を上演します

日程 2015年12月13日(日)
    午後1時開場、1時30分開演、3時30分終演
場所 秋田県児童会館 けやきシアター 秋田市山王中島町1-2
入場無料
主催 秋田弁護士会
共催 日本弁護士連合会・東北弁護士会連合会
お問い合わせ 秋田弁護士会(018-862-3770)
http://akiben.jp/event/2015/12/271213.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/13(日) 戦争法廃止!辺野古埋め立て阻止!新橋駅まえ街頭宣伝

日時:12月13日(日) 13:00~14:30
場所: 新橋駅SL広場
主催: 主権在民を実現する会
http://sayonaragenpatsu.cocolog-nifty.com/blog/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【神奈川】12/14(月)18時半- 藤田早苗さん報告会

・日程:12月14日(月) 18時半~20時半
・会場:横浜市社会福祉センター904(30名)(JR桜木町駅下車3分、市営地下鉄・桜木町駅3分)
    http://www.yokohamashakyo.jp/sisyakyo/map.html
・主催 :「ストップ秘密保護法かながわ」 https://himikana.wordpress.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/17(木) 【トーク・イベント】
 藤田早苗さん(英国エセックス大学人権センターフェロー)を囲んで語り合う会

テーマ:「国連からみた日本の表現・情報の自由」
  表現の自由に関する国連特別報告者フランク・ラルー氏の特定秘密保護法への声明(2013年)と、
  デイビッド・ケイ氏日本訪問に対する日本政府の拒否問題(2015年)を軸に語る。
日 時:12月17日(木) 18:30〜20:30(予定)
会 場:アカデミー茗台 7階 学習室B 〒112-0003 東京都文京区春日2丁目9番5号
    電話番号:03-3817-8306 https://www.yu-cho-f.jp/seminar/a_meidai_map.pdf
      ●東京メトロ丸の内線茗荷谷駅(1番出口)から徒歩10分
参加費:500円 主 催:「秘密保護法」廃止へ!実行委員会 協 賛:MIC(日本マスコミ文化情報労組会議)、
メディア総研 http://www.himituho.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】12/19(土) 秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいち街頭活動

日時/12月19日(土)12時~12時45分
場所/近鉄四日市駅前ふれあいモール
内容/街頭宣伝 戦争をする国作りに反対(秘密保護法、安保法制など)のアピール、
自由な表現を持ち寄ってください。
主催/秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいち
問合せ/秘密保護法を考える四日市の会http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi
   事務局090-2925-0138、no-yokkaichi@outlook.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】12/22(火) 世界はどう見る?日本の「表現の自由」(名古屋)

とき:12月22日(火)18時半~20時半
ところ:名古屋YWCA ビッグスペース
地下鉄「栄」駅 5番出口より東へ徒歩約3分
参加費: 500円
講師:藤田早苗さん(英国エセックス大学 人権センター フェロー)
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151222.pdf
    http://nohimityu.exblog.jp/24989239/
    https://www.facebook.com/events/168415336843496/
主催: 秘密保全法に反対する愛知の会
TEL 052-910-7721 FAX 052-910-7727
http://nohimityu.exblog.jp/ no_himitsu@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/nohimityu

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【富山】12/26(土) 学習会 特定秘密保護法と適性評価制度

 日時: 12月26日(土)13:30~
 場所: 富山駅前CiCビル3階1,2,3学習室
 テーマ:「特定秘密保護法と適性評価制度」
 講師: 弁護士・北尾美帆さん
 資料代:500円
主催:秘密法廃止市民ネットとやま(旧称:「特定秘密保護法を考える
市民ネットワークとやま」から改称)
 備考:マイナンバー制度にも触れます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【徳島】12/27(日) 「安保法と憲法とくらしを考える会」part3
戦争は秘密から始まる。秘密法と戦争法、混ぜれば超危険!

12月27日(日) 14:00~16:00
ふれあい健康館 2F 会議室1(徳島市沖浜東2丁目16番地)
参加費 1000円
講師 藤田早苗氏(エセックス大人権センターフェロー)
主催 「安保法と憲法とくらしを考える会」 お問い合わせ 090-3784-7254(深田)
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151227.pdf

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】1/6(水) 戦争あかん!ロックアクション ―戦争法・秘密法廃止!―

1月6日18時半~
中之島水上ステージで集会・デモ
主催:戦争あかん!ロックアクション

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】1/9(土) 秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいち街頭活動

日時/1月9日(土)11時~12時
場所/近鉄四日市駅前ふれあいモール
内容/街頭宣伝 戦争をする国作りに反対(秘密保護法、安保法制など)のアピール、
自由な表現を持ち寄ってください。
主催/秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいち
問合せ/秘密保護法を考える四日市の会http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi
   事務局090-2925-0138、no-yokkaichi@outlook.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【緊急カンパ】世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、報告会開催地とカンパ募集!
http://nohimityu.exblog.jp/25032943/

国連「表現の自由」特別報告者を日本政府が受け入れ拒否した経緯を身近に見てきた、
イギリス在住の研究者である藤田早苗さんが日本各地で報告会を行うために帰国します。
帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。12/3現在、多くの方々からの寄付金が20万円を
突破しましたがまだ不足しております。国連「表現の自由」特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に
知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【冊子】戦争は秘密から始まる: 秘密保護法でこんな記事は読めなくなる

日本新聞労働組合連合 (編集)
2015年2月25日発行
 本書は第一線で活躍する新聞記者たちが今までに書いた具体的な記事を通して、
 国民の知る権利が危機に直面していることをリアルに伝える。
A5判 96ページ 定価=本体700円+税
<目次>第一部 新聞記者にとっての秘密保護法
    第二部 秘密保護法によってこんな記事は読めなくなる
    第三部 市民の日常活動にもこんな影響が…
<問いわせ先>新聞労連 電話 03-5842-2201
<申し込み>新聞労連 FAX 03-5842-2250
    お名前、ご送付先〒住所、FAXまたe-mailアドレス
    をご記入の上FAXで新聞労連までお申し込みください。
    10冊以上の御注文で送料無料!
http://www.shinbunroren.or.jp/oshirase2/oshirase2.htm#20150202_27736
1冊からの方は以下からネットで注文できます。
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=467

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【冊子】岩波ブックレット「秘密保護法対策マニュアル」

著者:海渡雄一
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/2709210/top.html
第1章 秘密保護法とはどのような法律か
第2章 市民・ジャーナリストが活動・取材するとき
第3章 秘密に関与する公務員と内部告発
第4章 適性評価への情報提供は拒めるか
第5章 事件に巻き込まれたら
印税はすべて弁護団の活動資金になります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【冊子】秘密保全法に反対する愛知の会 作成冊子 世界はどう見ているか
 「国際人権基準と秘密保護法」をネットで公開しました。販売もしています。
http://nohimityu.exblog.jp/23314445/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【DVD】「とってもコワ~イ秘密保護法」

寸劇3本を収録 各15分ほど。
上地大三郎弁護士の解説付き。
送料込500円
「女たちの怒りの行動」<電088(662)4678>
申し込みは<ファクス088(663)6558>。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【動画】「ひみかなTV」をフォロー(登録)しよう!

「ストップ!秘密保護法かながわ」の動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCrMc993UZrCSyGHonH8EZ7w

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★情報をお持ちの方は、下の形式にしたがって情報を記入し、このメール
no_himitsu@yahoo.co.jp に返信してください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【県名】月/日(曜日)タイトル

日時/
場所/
内容/
主催/
備考/
c0241022_18485395.jpg

[PR]
by beshi50 | 2015-12-10 00:00 | 秘密全国ネット | Trackback | Comments(0)

12/8街頭宣伝しました

8日、13時から14時まで、栄・メルサ前での街宣、気持ち良かったです。

「真珠湾攻撃の日」ですので、新婦人や年金者組合の方々が赤紙を配り、不戦の誓いを訴えておられました。
それを聴きながらしばらくは、プラカードや横幕をもってスタンディングとチラシ配布。
赤紙配布の街宣終了後、マイクでの訴えに入りました。
c0241022_14223316.jpg
参加者は11人。
戦争に向かう情勢、秘密法になぜ反対し続けているのか、何のための民主主義か、あの時代をふり返って…などそれぞれに訴えました。

嫌な顔をされる方、露骨に手を横に振る方もいますが、
「ごくろうさま」「頑張って」の励ましの声かけもあります。
横幕に目を向ける方も意外に多くて、街宣は大事だと改めて感じました。

c0241022_14230379.jpg
14時を過ぎて片付けをしながら、12.6の集会の参加者数600名を越えていたよ、との意見が二人。
デモ出発後に遅れて駆け付けた人が意外に多かった、と。
この時期に600名の方が日曜の夕方に集まってくださって良かったと話が弾みました。
[PR]
by beshi50 | 2015-12-09 14:24 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
15/12/8毎日新聞朝刊1面で、「秘密保護法「憲法上問題」と会計検査院が支障指摘」とスクープしました。

毎日新聞2015年12月8日 東京朝刊
特定秘密保護法 「憲法上問題」 検査院が支障指摘
http://mainichi.jp/articles/20151208/ddm/001/010/164000c

毎日新聞が行った内閣官房や会計検査院からの情報公開請求で判明しました。
その中で、内閣官房が各省庁に「秘密事項について検査上の必要があるとして提供を求められた場合、提供する取扱いに変更を加えない」とする文書を通達することで合意しましたが、2年たった現在も通達は出ていません。

NPO法人 情報公開市民センターは、内閣官房に対して情報公開請求して入手し、会計検査院の指摘はチェックしていましたが、その後のフォローができていませんでした。

以下、情報公開市民センターが入手した資料を抜粋してアップします。
・平成25年9月24日 内閣情報調査室→会計検査院事務総長官房法規課担当者
 「特定秘密の保護に関する法律案について」に対する回答について
 http://www.ombudsman.jp/data/mainichi/130924.pdf
・平成25年9月30日 内閣情報調査室→会計検査院事務総長官房法規課担当者
 「特定秘密の保護に関する法律案について」に対する回答について
 http://www.ombudsman.jp/data/mainichi/130930.pdf
・平成25年10月4日 内閣情報調査室→会計検査院事務総長官房法規課担当者
 「「「特定秘密の保護に関する法律案について」に対する回答について」に対する
  意見について」に対する回答について
 http://www.ombudsman.jp/data/mainichi/131004.pdf
・平成25年10月8日 会計検査院事務総長官房法規課→内閣情報調査室
 通達案 「内閣官房副長官 特定秘密の保護に関する法律の成立に伴う会計検査への対応について」
 法制局了解案 
 http://www.ombudsman.jp/data/mainichi/131008.pdf
・平成25年10月10日 内閣情報調査室
 第10号第1項第1号と会計検査について
 http://www.ombudsman.jp/data/mainichi/131010.pdf

☆元資料
 平成25年9月 内閣情報調査室 秘密保護法法令協議
 http://www.ombudsman.jp/data/H25-9.pdf
 平成25年10月 内閣情報調査室 秘密保護法法令協議
 http://www.ombudsman.jp/data/H25-10.pdf



d0011701_165091.jpg

↑平成25年9月24日 内閣情報調査室が会計検査院事務総長官房法規課担当者に提出した書類

-------------
NPO法人 情報公開市民センター + 全国市民オンブズマン連絡会議
秘密保護法特設ページ
http://jkcc.gr.jp/menu6.html

--------------------
毎日新聞2015年12月8日 東京朝刊
特定秘密保護法 「憲法上問題」 検査院が支障指摘
http://mainichi.jp/articles/20151208/ddm/001/010/164000c



毎日新聞2015年12月8日 東京朝刊
特定秘密保護法 「憲法上問題」 検査院が支障指摘
http://mainichi.jp/articles/20151208/ddm/001/010/164000c


朝日新聞 磯部征紀 2015年12月8日13時29分
秘密法「憲法の規定上問題」 会計検査院が成立前に指摘
http://www.asahi.com/articles/ASHD83C32HD8UTIL002.html

2015年12月8日 15時52分 NHK
特定秘密保護法に憲法上の問題点 会計検査院が指摘(動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151208/k10010333781000.html

2015年12月8日14時19分 クリスチャントゥデイ
秘密保護法、閣議決定前に会計検査院が「憲法上問題」と指摘 合意の通達も2年出されず
http://www.christiantoday.co.jp/articles/18021/20151208/tokutei-himitsu-kaikei-kensain.htm

2015年12月8日 東京新聞夕刊
【政治】秘密法 検査院が懸念 調査に支障「憲法上問題」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201512/CK2015120802000250.html

2015 年 12 月 8 日 12:30 the wall street journal
秘密保護法「業務に支障」=憲法上問題と指摘—検査院
http://jp.wsj.com/articles/JJ10248485494151623559018985448412306273630



[PR]
by beshi50 | 2015-12-08 17:07 | 資料 オリジナル | Trackback | Comments(0)
秘密保全法に反対する愛知の会は、15/12/7に「世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、報告会開催地とカンパ募集!」を発表しました。
http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151207.pdf

帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。12/3現在、多くの方々からの寄付金が20万円を
突破しましたがまだ不足しております。国連「表現の自由」特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に
知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。
c0241022_22562737.jpg

-----------------------------------------------------------
世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、報告会開催地とカンパ募集!

2015年12月、国連「表現の自由」特別報告者が日本に公式訪問を行う予定でしたが、直前に日本政府から来年秋以降への延期の申し入れがあり、キャンセルされました。国連特別報告者に対し、特定秘密保護法をはじめとする「表現の自由」の危機的現状をより正確に伝えるため準備してきたイギリス在住の国際人権基準の研究者である藤田早苗さんが、今回の経緯ならびに世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、全国各地で講演会を行うことを引き受けていただきました。
そのための帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。12/3現在、多くの方々からの寄付金が20万円を突破しましたがまだ不足しております。国連「表現の自由」特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。

■日本の「表現の自由」をめぐる国連への働き掛け
日本では、「表現の自由」に関して、特定秘密保護法以外にもヘイトスピーチや政府のマスコミへの圧力、市民運動への誹謗中傷など様々な問題が噴出しています。藤田さんは、秘密保護法を英訳して国連に伝え、日弁連や愛知の会、日本の市民団体は、藤田さんの協力を得て、国連自由権規約や人権理事会に対して働きかけを行ってきました。
国連人権理事会「表現の自由」特別報告者のフランク・ラ・ルー氏はこれらのNGO関係者からの聞き取りに加え、2013年11月9日に秘密保護法に関して日本政府に質問をした上で、11月21日には「特定秘密保護法案は透明性を脅かすものである」との声明を発表しました。この声明に対し日本政府は誤解だと回答しましたが、この特別報告者の指摘によって、日本でも新聞等で特定秘密保護法案が、国際社会及び国際人権基準からは到底容認できないものだということが広く報じられました。
2014年7月24日には国連自由権規約委員会が日本政府に対して「なぜ今秘密保護法が必要か説明を求める」「国連人権基準にのっとって秘密保護法を修正すべき」との勧告を出しました。このことは国内メディアでも大きく報道され、日本政府は強い圧力を受けました。それによって、秘密保護法の運用基準が一部修正されたといわれています。

■ 国連「表現の自由」特別報告者 日本政府は受け入れ拒否
そのような中、国連の「表現の自由」新特別報告者のデイビット・ケイ氏が日本政府とも調整の上で2015年12月1日-8日に日本に公式訪問し、「国別報告書」作成のための調査を行うことが正式に決まっていましたが、11月13日になって日本政府が延期を言い出し、受け入れ拒否を行いました。日本政府は2016年秋ごろを計画しているとのことですが、詳細は決まっていません。
特別報告者の公式訪問とは国連の独立した専門家として中立の立場で政府(中央・地方)と民間(NGO・関係当事者等)にインタビュー調査を行うものです。その後報告書を出して各種勧告を出し、当該政府が勧告を実施するよう国連としてフォローアップします。41テーマある特別報告者はそれぞれ年1-2か国しか公式訪問しません。なお表現の自由に関して特別報告者が日本に公式訪問したことは今まで一度もありません。
特別報告者が各国のNGOから公式訪問を求められている中、今回あえて日本を選んだのは日本の表現の自由の状況が悪化していることに加えて、藤田さんや日弁連、日本のNGOからの強い働きかけがあったからだと考えられます。特別報告者に日本の危機的現状を伝えることで、様々な問題が国際世論となり、日本国内に対しても影響が及ぶことが期待されていました。
今回の日本政府による受け入れ拒否は国内メディアはもちろんのこと、国際的にも大々的に報道され、日本政府の閉鎖性を全世界に知らしめることになりました。
2015年11月25日には、秘密保全法に反対する愛知の会をはじめとする9団体が連名で、「表現の自由特別報告者の日本調査の中止に関するNGO共同要請書」を外務大臣に提出し、大きく報道されました。


c0241022_19084621.jpg

↑国連「表現の自由」特別報告者 デイビット・ケイ氏(国連webより)

藤田さんは、特別報告者に日本の表現の自由の危機的な状況を伝え、日本への公式訪問に際しては国内NGOとの調整や通訳などを担当するため、公式訪問に合わせて日本に帰国することになっていました。日本政府による特別報告者の受入は延期されましたが、延期を巡る日本政府と特別報告者のやりとりなど、今回の経緯を身近で見てきた立場から、その真相を報告し、世界から日本の表現の自由の現状がどのように見られているかを日本各地で報告するために一時帰国することを決意されました。すでに2015/12/5(土)6(日)東京でスピーチを行い、集会参加者に衝撃を与えました。今後12月10日(木)川崎での報告会と早稲田大学での講義、14日(月)横浜での報告会、15日(火)IWJによるインタビュー、16日(水)立教大学での講義、17日(木)東京での報告会、20(日)IWJ饗宴でスピーチ、22日(火)名古屋での報告会、27日(日)徳島での講演、1月8日に同志社大学でのセミナーは決まっております。各種メディアからの取材も相次いでおり、12月7日(月)毎日新聞にはコメントが掲載されました。
帰国交通費・国内滞在費用として少なくとも40万円が必要です。私どもは、秘密保護法制定以後、急速に進められる言論抑圧の状況、監視国家化に懸念を抱いています。今回の日本政府の特別報告者の受入拒否は、国際社会に日本の表現の自由の抑圧状況が知られることを恐れたためとしか考えられません。この実態を広く知ってもらうために全国各地で藤田さんの報告会を開催しましょう。その実現のために、ぜひご協力をお願いいたします。また、報告会を行いたいという方はぜひご連絡をください。

c0241022_19092481.jpg

↑国連に働きかけを行ってきた、藤田早苗氏       (イギリス エセックス大学人権センターフェロー)

c0241022_19095056.jpg

↑国連自由権規約委員会の様子


■秘密保全法に反対する愛知の会について
 秘密保全法に反対する愛知の会とは、2013年12月に強行採決された特定秘密保護法に反対するために弁護士や市民、労働団体などによって2012年4月に結成された団体です。「戦争と秘密」「監視社会化と秘密」という観点からこれまで特定秘密保護法に反対する様々な活動を国内外で行ってきました。
特定秘密保護法によって行政が「特定秘密」に指定してしまえば市民は全く知ることができない、何を特定秘密に指定したか、わからないため、国民の知り権利を侵害するという問題があります。そして「特定秘密」を知ろうとしただけで逮捕されてしまう可能性があるため、取材行為、表現行為への萎縮効果が生じ表現の自由を侵害するという問題があります。国民の知る権利や表現の自由は、国民が政治について考える材料となる社会内の情報の流通には不可欠です。知る権利や表現の自由を侵害する特定秘密保護法は、民主主義を死に追いやる「21世紀で最悪の法律」と呼ばれています。「秘密保全法に反対する愛知の会」は国際人権法上、知る権利が重要視されていることに着目して、特定秘密保護法が 「市民的および政治的権利に関する国際規約」(自由権規約)に違反することを訴えてきました。

c0241022_19102517.jpg

↑特定秘密保護法に基づき、法務省が作成した「特定秘密指定管理簿」。概要、秘密指定した役人の肩書まで非公開。

c0241022_19104980.jpg

↑秘密保護法強行採決直前の2013/12/6には、名古屋で4000人が反対デモに参加しました。

■日本の「表現の自由」の危機を国連に伝えたい
 表現の自由をめぐる日本の危機的現状を国連特別報告者に正確に伝えることは、今後の特定秘密保護法廃止運動をはじめとする表現の自由を守る運動にとって極めて重要です。今後も国連に働きかけを行い続けます。
 日本の表現の自由をめぐる現状に危機感を抱いている皆様、可能なご支援をください。ぜひともご協力をお願いいたします。
◎郵便振替口座
※「国連働きかけ」と記載ください。
  郵便口座番号=00840-3-214850  加入者名=秘密保全法に反対する愛知の会
◎ゆうちょ銀行口座
 ※以下口座にお振り込み後、FAX052-910-7727 かメール no_himitsu@yahoo.co.jp にて
  「国連働きかけ」カンパした旨ご連絡ください。
ゆうちょ銀行 0八九(ゼロハチキュウ)店 当座 0214850
  加入者名=秘密保全法に反対する愛知の会
【参考】
・秘密保全法に反対する愛知の会 公式facebook https://www.facebook.com/nohimityu/
・秘密保全法に反対する愛知の会 公式ブログ http://nohimityu.exblog.jp/
以下確定した今後の予定
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【川崎】12/10(木)18:30- 緊急報告!!! 外国からみた日本 part2
今の日本の危機 特定秘密保護法、安保法制、表現の自由、、、
日時 2015年12月10日(木)18:30-20:45
場所 川崎市中原市民館・視聴覚室  http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000030258.html
定員 60名(先着順) 資料代 1000円
講師 講師:藤田早苗さん (英国エセックス大学人権センターフェロー)
主催 秘密保護法を考える川崎市民の会 & OVERSEAs 協賛 ママの会@神奈川
   http://secrecy-bill-kawasaki.jimdo.com/ 問合せ:070-5586-8592(國米・コクマイ)
mail:kawasakisecrecybill@gmail.com http://secrecy-bill-kawasaki.jimdo.com
ツイッター @kawasakisecrecy http://www.overseas-no9.net/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【横浜】12/14(月)18時半- 藤田早苗さん報告会
・日程:12月14日(月) 18時半~20時半
・会場:横浜市社会福祉センター904(30名)(JR桜木町駅下車3分、市営地下鉄・桜木町駅3分)
    http://www.yokohamashakyo.jp/sisyakyo/map.html
・主催 :「ストップ秘密保護法かながわ」 https://himikana.wordpress.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/17(木)【トーク・イベント】
 藤田早苗さん(英国エセックス大学人権センターフェロー)を囲んで語り合う会
テーマ:「国連からみた日本の表現・情報の自由」
  表現の自由に関する国連特別報告者フランク・ラルー氏の特定秘密保護法への声明(2013年)と、
  デイビッド・ケイ氏日本訪問に対する日本政府の拒否問題(2015年)を軸に語る。
日 時:12月17日(木) 18:30〜20:30(予定)
会 場:アカデミー茗台 7階 学習室B 〒112-0003 東京都文京区春日2丁目9番5号
    電話番号:03-3817-8306 https://www.yu-cho-f.jp/seminar/a_meidai_map.pdf
      ●東京メトロ丸の内線茗荷谷駅(1番出口)から徒歩10分
参加費:500円 主 催:「秘密保護法」廃止へ!実行委員会 協 賛:MIC(日本マスコミ文化情報労組会議)、メディア総研 http://www.himituho.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【名古屋】12/22(火)学習会『世界はどうみる?日本の「表現の自由」』
~政府による「国連特別報告者」公式訪問延期の意味~
12月22日(火) 18:30~20:30 名古屋YWCAビッグスペース
講師:藤田早苗さん(英国エセックス大学人権センター フェロ-)
主催 秘密保全法に反対する愛知の会 チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151222.pdf
  https://www.facebook.com/events/168415336843496/ http://nohimityu.exblog.jp/24989239
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【徳島】12/27(日)「安保法と憲法とくらしを考える会」part3
戦争は秘密から始まる。秘密法と戦争法、混ぜれば超危険!
12月27日(日) 14:00~16:00
ふれあい健康館 2F 会議室1(徳島市沖浜東2丁目16番地)
参加費 1000円 
講師 藤田早苗氏(エセックス大人権センターフェロー)
主催 「安保法と憲法とくらしを考える会」 お問い合わせ 090-3784-7254(深田)
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151227.pdf

[PR]
by beshi50 | 2015-12-07 23:00 | 国際情報部会 | Trackback | Comments(1)
秘密保全法に反対する愛知の会は、15/12/6に「まだまだ、諦めると思ったら大間違い!! 
秘密保護法なんてゆるさない!12.6大集会&デモ」を開催し、
500名の参加がありました。
なお、12/6(日)には全国9か所(札幌・弘前・東京・名古屋・岐阜・四日市・京都・大阪・高知)で秘密保護法反対の取り組みがありました。


特定秘密保護法の施行から丁度2年,12月6日,栄,エンゼル広場にて,愛知の会は,「秘密保護法なんて許さない!大集会&デモ」を開催しました。

 矢崎暁子さんの司会のもと,「安保法制のときよりも短い審理期間で強行採決された2年前のあの日のこと,皆さん忘れてませんよね!忘れてないっていうことを政府に知らしめましょう!」とのかけ声で,集会は開始されました。

 集会では,4名によるリレートークが行われました。NPO法人情報公開市民センターの内田隆さんは,秘密保護法の審理経過や現在の秘密の指定状況すら開示されない実態を指摘し,「国の情報公開は,確実に後退した。」と強調しました。DemosKratiaの村田峻一さんは,「改めて秘密保護法を読み直して見たが,公務員や報道を締め付ける悪法だいうことが再確認できた。」と声を張り上げました。 命どぅ宝あいちの喜久山アコさんは,「政府の情報公開に対する締め付けは昔と変わらない。この締め付けに断固反対しましょう。」と,参加者を元気づけました。元共同通信記者の山本邦晴さんは,戦時中の日本の降伏も秘密のために遅れ,たくさんの犠牲が出たことを指摘し,レミゼラブルの「民衆の歌」を熱唱し,会場を盛り上げました。

 そして,出発に際して,愛知の会の中谷雄二共同代表が,「国の情報が隠されていては,市民は,国の在り方を全く議論できない。共謀罪,盗聴法と相俟って,市民監視社会が作られようとしている。今こそ反対の声をあげるべきだ。」と訴えました。

 集会に続くデモでは,「秘密保護法は絶対廃止!情報統制 絶対反対!監視社会は絶対反対!独裁国家をゆるさない!戦争のための秘密はいらない!情報は市民のものだ!身辺調査で差別しないで!憲法まもれ!」といったシュプレヒコールが上げながら,約1.5キロ,栄の街を練り上がりました。


 今回の集会・デモには,肌寒い中,500名の人が集まりました。また,この日は名古屋だけでなく,東京や京都など全国各地でも秘密保護法に反対するデモが行われました。


 国の情報が隠されては,私達市民は,政府の暴走を批判することすらできなくなります。まさに,「秘密から戦争が始まる」事態を絶対に阻止するべく,今後も秘密保護法声を上げ続けていきましょう。


---------------------------

c0241022_22314846.jpg

↑年末の栄の街を歩いて訴えました。

c0241022_22320293.jpg

↑12/1-8に来るはずだった国連「表現の自由」特別報告者を日本政府が受け入れ拒否したと
 伝える、矢崎暁子弁護士
 
c0241022_22321494.jpg

↑秘密保護法検討過程の情報が非公開となり、裁判で敗訴。
 特定秘密指定管理簿は概要も指定者肩書も非公開。内容全部非公開と話す、
 NPO法人 情報公開市民センターの内田隆氏
 
c0241022_22323091.jpg

↑2年前の秘密保護法強行採決時にこの場にいた、村田 峻一さん。
 2年たち、戦争法制や共謀罪などとセットになっていたと改めて気付いたと訴え。
 
c0241022_22324857.jpg

↑「秘密保護法の無かった頃、国が那覇市を訴えた。情報公開条例で公開しようと
 した自衛隊施設の情報公開を止めよと。理由が、国にもプライバシーがある」と
 言ったとする、喜久山アコさん(命どぅ宝あいち)

c0241022_22330560.jpg

↑共同通信の前身の同盟通信は、1945/8/10、政府による「ポツダム宣言受諾」を対外放送で発信。
 戦勝国は喜びに沸くも、日本国民は8/15まで知らされず、何千人も空襲で亡くなった。
 正しい情報は必要だと訴える、元共同通信社記者の山本邦晴氏

c0241022_22332374.jpg

↑来年夏に予定されている参議院選挙で、秘密保護法に賛成した議員を落とそうと
 訴える、共同代表の中谷雄二弁護士



---------------------------
特定秘密保護法の強行採決が行われた2013年12月6日から2年、2014年12月10日に施行されてからも1年を迎えます。
しかし、全く諦めるわけにいきません!

まだまだ、諦めると思ったら大間違い!! 
秘密保護法なんてゆるさない!
12.6大集会&デモ

と き:2015年12月6日(日)
     17:00~ 集会、 17:30~ デモ出発
ところ:(名古屋市)栄・エンゼル広場
地下鉄「矢場町」駅6番出口、松阪屋北館東
チラシ http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/151206.pdf
facebook イベントページ https://www.facebook.com/events/128361574193564/
主 催:秘密保全法に反対する愛知の会    →※
スピーチ者
・内田隆(NPO法人 情報公開市民センター)
・村田 峻一(DemosKratia)
・喜久山アコ(命どぅ宝あいち)
・山本邦晴(元共同通信社記者)
[PR]
by beshi50 | 2015-12-06 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
特定秘密保護法の強行採決が行われた2013年12月6日から2年、2014年12月10日に施行されてからも1年を迎えます。
しかし、諦めるわけにいかないと、全国各地の市民が抗議の声をあげています。

12/5(土)東京・四日市・大阪
12/6(日)札幌・弘前・東京・名古屋・岐阜・四日市・京都・大阪・高知
(各地の開催時間など詳細は以下に記載しています)

なお、特定秘密を扱うための「適性評価」と呼ばれる身辺調査を受けて認められた公務員・民間人が97560人にのぼっています。
http://www.cas.go.jp/jp/tokuteihimitsu/pdf/h27jisijokyo_list.pdf
不適格者は1人とのことですが、適性評価を拒否した公務員・民間人は25名おり、
公務員・民間人の一部も抵抗感を抱いていることがわかります。


また12/1-8には国連「表現の自由」特別報告者が日本にはじめて公式訪問を行う予定でしたが、
直前に日本政府から来年秋以降への延期の申し入れがあり、キャンセルされました。
国連特別報告者に対し、特定秘密保護法をはじめとする「表現の自由」の危機的現状を
より正確に伝えるため準備してきたイギリス在住の国際人権基準の研究者である藤田早苗さんが、
今回の経緯ならびに世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、全国各地で
講演会を行うことを引き受けていただきました。報告会開催地を募集中です。
そのための帰国・滞在費用に少なくとも40万円かかります。国連「表現の自由」
特別報告者の受入拒否の真実を多くの人々に知ってもらうためにぜひ、資金カンパにご協力ください。
http://nohimityu.exblog.jp/25012658/


今後も、秘密保護法廃止になるまで声をあげていきましょう!

全国の最新情報は以下で読めます。
http://www.himituho.com/全国運動情報/
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/
http://nohimityu.exblog.jp/i13/
https://www.facebook.com/himitsuhozenhou

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12月5日(土)  国連・人権勧告の実現を! 集会・デモ

13:15 集会スタート15:00 デモ出発
会場:代々木公園野外ステージ
主催:国連・人権勧告の実現を!実行委員会
【特別報告】・国連・表現の自由特別報告者の来日問題について
  藤田早苗さん(英国エセックス大学人権センターフェロー)
連絡先 電話:090-9804-4196(長谷川)
    メール:jinkenkankokujitsugen@gmail.com
    ブログ:http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
    フェイスブック:https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
    ツイッター:https://twitter.com/unjinken


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】12月/5日(土)秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいち街頭活動

日時/12月5日(土)11時~12時
場所/近鉄四日市駅前ふれあいモール
内容/街頭宣伝 戦争をする国作りに反対(秘密保護法、安保法制など)のアピール、自由な表現を持ち寄ってください。
主催/秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいち
問合せ/秘密保護法を考える四日市の会http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi
   事務局090-2925-0138、no-yokkaichi@outlook.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】12/5(土)「日本はどこに向かうのか? PARTⅤ 安保法制と秘密保護法を考える」

日 時 2015年12月5日(土)午後1時30分~午後4時30分(受付開始:午後1時)
会 場 大阪弁護士会館 2Fホール(大阪市北区西天満1-12-5)
申込不要
出演者 阿部 岳 氏 (沖縄タイムス記者)
SEALDs KANSAIメンバー
武井 由起子 氏(弁護士(横浜弁護士会)、明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか))
主催 大阪弁護士会
http://www.osakaben.or.jp/event/2015/2015_1205.php


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【北海道】12/6(日) 宮澤・レーン・スパイ冤罪事件の再来を許さない道民のつどい

日時/12月6日(日)13:00から15:30
場所/北海道大学学術交流会館1階大会議室
内容/講演「戦時下の言論・思想弾圧―宮澤・レーン・スパイ冤罪事件の背景を探る」
   荻野富士夫・小樽商科大学教授
主催/北大生・宮澤弘幸「スパイ冤罪事件」の真相を広める会
備考/参加費無料
http://miyazawa-lane.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【青森】12/6(日)STOP秘密保護法市民集会・パレード(弘前)

とき 12月6日(日)13時30分~14時30分
ところ 駅前りんご広場(弘前駅前交差点角)
日程 13:30 集会・リレートーク
   14:00 パレード 抗議プラカードや鳴り者などをお持ちください。
  (りんご広場~ヨーカドー前~ヒロロ~りんご広場)
主催 STOP秘密保護法つがるの会(代表 小田切 達)
問合せ先 0172-31-5511 小田切さとる法律事務所
http://on.fb.me/1lM1NrI

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12月6日(日) 保阪正康講演 『秘密保護法制定からの2年を問う
〜秘密法と戦争法がつくる「準戦時体制」とは何か』

■とき 12月6日(日)13時45分~16時30分 (13時15分開場)
■ところ 千駄ヶ谷区民会館2階ホール( 東京都渋谷区神宮前1-1-10)
交通:JR山手線 原宿駅(竹下口)より徒歩約6分  地下鉄千代田線 明治神宮前駅
(2番出口)より徒歩約8分  http://www.j-theravada.net/tizu-sendagaya.html
■講演 保阪 正康さん(ノンフィクション作家・日本近現代史研究者 )
■特別アピール  藤田早苗さん(エセックス大学人権センターフェロー)
    「国際社会からみた日本の表現の自由」
■発言 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
    共通番号いらないネット 盗聴法廃止ネット 新聞労連
■参加費 700円
■主催:「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
■連絡先 新聞労連 jnpwu@mxk.mesh.ne.jp/平和フォーラム 03-5289-8222/
5・3憲法集会実行委員会(憲法会議 03-3261-9007・許すな!憲法改 悪・市民連絡会 03-3221- 4668)
/秘密法に反対する学者・研究者連絡 会article21ys@tbp.t-com.ne.jp/
秘密法反対ネット(盗聴法に反対する 市民連絡会090-2669-4219・日本国民救援会03-5842-5842)
http://www.himituho.com/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/6(日)特定秘密保護法廃止!!北区アクション

秘密保護法成立から二年。
今年最後の『特定秘密保護法廃止!北区アクション』は12月6日(日)16時〜17時まで。
初めて十条駅 北口で開催します。 国会開け!安保法制廃止!も訴えます。日本が戦争状態に
ならないように声をあげましょう!
https://twitter.com/kitakuaction/status/669731826869534721

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】12/6(日) 秘密保護法なんてゆるさない!12.6大集会&デモ

まだまだ、諦めると思ったら大間違い!!
と き:2015年12月6日(日)
     17:00~ 集会、 17:30~ デモ出発
ところ:(名古屋市)栄・エンゼル広場
地下鉄「矢場町」駅6番出口、松阪屋北館東
スピーチ者
 ・内田隆(NPO法人 情報公開市民センター)
 ・村田 峻一(DemosKratia)
 ・喜久山アコ(命どぅ宝あいち)
 ・山本邦晴(元共同通信社記者)
主 催:秘密保全法に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/24943025/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【岐阜】12/6(日) 秘密法廃止!ロック行動

日時/12月6日(日) 17:00~18:00
場所/名鉄岐阜駅前
内容/街頭宣伝
主催/秘密法廃止・ぎふ
備考/連絡先:058-262-7997 (河合法律事務所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】12月6日(日)戦争法も秘密法も許さない!ー12.6秘密保護法強行2年ー市民集会

日時/12月6日(日)13時30分~16時(開場13時)
場所/四日市市中部地区市民センター4階大会議室
内容/伊藤美好さん(りぼん・ぷろじぇくと)、馬場啓丞さん(弁護士・四日市リベラ法律事務所)
によるお話、質疑応答など。参加費無料。カンパ要請あり。
馬場啓丞弁護士演題「秘密保護法とその影響、市民がどう対抗するか(仮題)」
主催/秘密保護法を考える四日市の会  (※賛同、協力団体あり)
備考/詳細は当会ブログ参照 http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi(随時更新予定)
   問合せ(事務局090-2925-0138、no-yokkaichi@outlook.jp)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【京都】12/6(日)秘密保護法も戦争法もマイナンバーも廃止ロックアクション

■12月6日(日 )午後1時集合 午後2時デモ出発
■集合場所 三条大橋西側河川敷
*鳴り物歓迎です!
https://www.facebook.com/demokyoto/posts/1668143853427064

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】12/6(日)戦争あかん!ロックアクション♪サウンドデモ♪―戦争法・秘密法廃止!―

日時:12月6日(日) 13時~ 14時10分頃~サウンドデモ出発で
場所:新阿波座公園(地下鉄本町駅23番出口 西南へ徒歩2分)
主催:戦争あかん!ロックアクション実行委員会
若者のかっこいいサウンドデモもいいけれど、ロックアクションのサウンドデモ は、ゆったりと
した音楽の生演奏とシンプルなコールとともに街な かを練り歩 く大人サウンドデモ。
平和への思いを込めたミュージシャン渾身の演奏を聴きな がら、移動ライブのような
サウンドデモを楽しみなが ら、思いのたけを込めた コールを叫びながら、
戦争法も秘密法もあかん!の声を町中に広げよう。...
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2015/12/01/015954

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【高知】12/6(日) 特定秘密保護法を廃止に!12.6市民集会

日時  12月6日(日)午後11時
場所  藤並公園(高知城の東側)
     デモ出発 11時45分(帯屋町アーケード)
2年前の12月6日、国民の反対を押し切って自公政権のもと、 特定秘密保護法が、
強行採決されました。 政府に都合の悪い情報は特定秘密に指定して、国民を、見ざ
る、言わざる、聞かざる、の状態にしています。安保関連法ができた今、その恐ろしさ
が私たちに迫ってきました。 安保関連法と共にこのような悪法は、どうしても廃止しな
くてはなりません。安倍独裁政権を退場させ、民主主義を国民の手に取り戻すため、
一緒に、廃止の声をあげていきましょう。
主催  特定秘密保護法をなくす市民の会・高知
連絡先 090-4336-8843 松尾

c0241022_23040538.jpg

[PR]
by beshi50 | 2015-12-04 23:06 | 秘密全国ネット | Trackback | Comments(0)