特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50

カテゴリ:お知らせ・報告など( 263 )

愛知県弁護士会は17/5/27に名古屋市栄で共謀罪反対集会とパレードを行い、弁護士や市民1300人が参加しました。

c0241022_10315638.jpg
c0241022_10321584.jpg
↑池田桂子 愛知県弁護士会会長 
 「国会で議論すればするほど疑問がわいてくる。弁護士会としても廃案を求めるので応援をよろしく。」

c0241022_10374684.jpg
↑本秀紀 名古屋大学大学院法学研究科教授
「森友・加計学園への安倍政権の対応は性質の本質があらわれている。
 ひとたび政権の邪魔となれば、友達であろうが官僚の元トップであろうがつぶす。
 共謀罪によって、政権にたてつこうとする奴らを監視することはあきらか。」

c0241022_10402763.jpg
↑草地大作 日本キリスト教団名古屋中央協会 牧師
「75年前、日本キリスト教団の牧師124人が『国体を否定した』として
 治安維持法違反で逮捕され、4名が獄中で亡くなっている。
 治安維持法の再来とされる共謀罪には絶対に反対する。
 
c0241022_10462944.jpg
↑丹羽宇一郎 元駐中国大使 からのメッセージを代読
「国会の言葉遊びは終わった。安倍内閣は戦後民主主義レジームを破壊しようとしている。
 声なき声を国政に反映させよう」

c0241022_10481561.jpg
↑大塚耕平 参議院議員(民進党)
「ジョージ・オーウェルの『1984年』という小説のディストピアと
 安倍政権の政策はそっくりだ。参議院でも論戦するので是非応援を。」

c0241022_10500914.jpg
↑近藤昭一 衆議院議員(民進党)
「国連特別報告者もプライバシーの視点から問題だとしている。
 『一般の人』全てが監視対象となる」

c0241022_10520186.jpg
↑島津幸弘 衆議院議員(共産党)
「安倍首相は森友・加計学園について『関係があれば責任を取る』といった。
 すでにイエローカードが2枚出ており、退場すべき」

c0241022_10462944.jpg
↑山尾志桜里衆議院議員、伊藤孝恵参議院議員、ビジネス弁護士のメッセージを代読

c0241022_10565170.jpg
↑コールの練習を行う、花井増實 秘密保護法対策本部 本部長代行

c0241022_11023051.jpg
↑110人の弁護士をはじめ、1300人が集まりました。

-------------
2017年5月27日 21時45分 中日新聞
共謀罪廃案求め弁護士ら1300人行進 名古屋

毎日新聞2017年5月27日 21時59分(最終更新 5月27日 22時01分)
共謀罪 愛知で反対集会 1300人参加

2017年5月27日 17:28 名古屋テレビ
いわゆる「共謀罪」法案が衆院通過、名古屋でデモ行進 

2017年5月27日18時3分 日刊スポーツ
元中国大使の丹羽宇一郎氏が共謀罪「人権根幹奪う」

2017年5月27日17:58 CBC
名古屋で共謀罪法案反対の街頭パレード

2017年5月28日(日) しんぶん赤旗

「共謀罪」廃案しかない 愛知県弁護士会が集会


[PR]
by beshi50 | 2017-05-27 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
2017年5月23日午後4時すぎ、衆議院本会議で共謀罪法案が強行採決されました。
18時前から、市民が集まり始めました。
「今日ばかりは我慢できない。はじめて参加した」と60代の大学で憲法を教えていたという男性。
「プラカードをもって立つくらいはできると思って」とパートの女性。
みんな怒って集まってきました。

TVクルーもスタンバイ。
中谷弁護士も早々に到着。インタビューを受けていました。

中谷弁護士は安倍政権のごまかしを暴くだけなく、市民監視、市民運動への弾圧が現実に進んでいることを具体的に明らかにされました。

ハーモニカの演奏と歌、ギターと歌も交えて1時間の街宣があっという間でした。マイクをもったのは10人を超えていたと思います。

衆院本会議での強行採決に抗議し、安倍政権の強権的な政治手法を弾劾する発言が続きました。
プライバシーの権利に関する国連特別報告者ジョゼフ・カナタチさんは安倍首相に「強い懸念」を表明、それにケチをつけ抗議したのが安倍政権です。それに対する怒りの声が上がりました。

17時前から、そして18時前に駆けつけた参加者…入れ替わりはありましたが、参加者は40名を超えていたと思います。

最後にみんなで集まってシュプレヒコール。
おしゃべり危ない 共謀罪
メールも危ない 共謀罪
目配せ危ない 共謀罪
あなたも危ない 共謀罪
共謀罪は 絶対廃案!

闘いはここから! 闘いは今から!5/27(土)13時半~ 名古屋市栄エンゼル広場での 愛知県弁護士会主催の集会・パレード、6/10(土)11時20分~名古屋市矢場町光の広場での 緊急行動・あいちの集会・デモを盛り上げましょう。

----------
・5/27(土)13:30~   栄 エンゼル広場
共謀罪の廃案を求める集会・パレード
  13:30~ 集会
  14:15~ パレード
https://www.aiben.jp/about/katsudou/himitsuhozen/news/2017/05/527.html
チラシ=https://www.aiben.jp/about/katsudou/himitsuhozen/img/2ee971f2e19d5ede745fc720def43bfff2cd3dad.pdf
主催:愛知県弁護士会
問合せ:愛知県弁護士会[人権・法制係]
 ☎052-203-4410

★6/10(土)11:20~   久屋大通公園・光の広場
「共謀罪」阻止緊急行動 6・10大集会・デモ
チラシ=http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/170610.pdf
主催:「共謀罪」阻止 緊急行動・あいち
https://kyobozaisoshiaichi.jimdo.com/
連絡先:名古屋共同法律事務所
名古屋市中区大須四丁目13番46号 ウイストリアビル5階 
☎052-262-7061  FAX052-262-7062

-----------



c0241022_11075304.jpg

c0241022_11080250.jpg

c0241022_11080927.jpg

c0241022_11081693.jpg

c0241022_11083258.jpg

c0241022_11084139.jpg




[PR]
by beshi50 | 2017-05-23 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
政府が今週にも衆議院で共謀罪について強行採決を行う構えを見せたため、「『共謀罪』阻止 緊急行動・あいち」は17/5/22(月)緊急に街頭宣伝を名古屋市栄・スカイル前で行いました。
https://kyobozaisoshiaichi.jimdo.com/

18時から1時間、栄・スカイル前で街宣、チラシ配りを行いました。
参加者は15名くらいでした。

ハーモニカの演奏と語り、マイクを持ったのは8人でしょうか。
衆院法務委員会での採決の強行に抗議し、絶対に共謀罪を廃案にしようと訴えました。

あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)の「共謀罪で、あなたも私も狙い撃ち!?」ちらしを表にして、連続学習会+5.27弁護士会集会パレード+6.10緊急行動チラシを挟んで配りました。
チラシの受け取りは100セットくらいです。

安倍政権は、明日5/23(火)に衆院本会議で共謀罪法案の採決を強行しようとしています。
明日は、大勢で抗議の意思を示したいです。
17時から栄・スカイル前です。頑張りましょう。

c0241022_15280785.jpg

c0241022_15281529.jpg

c0241022_15282200.jpg

c0241022_15283109.jpg

[PR]
by beshi50 | 2017-05-22 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)

「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」は、事務局次長の中川匡亮弁護士による学習会「あなたも狙われる『共謀罪』」を開催し、50名が参加しました。

・当日配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/170426-1.pdf
・学習会の様子メモ
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/170426-2.pdf


中川弁護士は、刑法の原則から説明し、共謀罪が「合意の推進行為」で処罰しようとしているのは刑法の原則に反するとしました。
政府は「国際組織犯罪防止条約」を批准するためといったり、「テロ防止」と言ったりしているが、どちらでもなく、目的は市民監視だとしました。共謀罪を立証するためとして、盗聴やネット監視が行われるおそれがあり、さらに軽微な犯罪でパソコンデータを押収し、メールのつながりを分析して市民団体・労働運動の弾圧に使われる危険性を指摘しました。

現在でも、令状なきGPS捜査がされたり、マンション建設反対運動者を逮捕拘留したり、風力発電反対者の情報を警察が事業者に流しています。
過去、治安維持法の対象が広がり、取り締まり対象が広がってしまったのと同様、共謀罪でも一般市民が監視の対象になりかねないとしています。


しかしながら、世論調査では「テロ対策が必要だ」「犯罪の合意を処罰して何が悪い」という理由から賛成する人がまだまだ多いのが現状です。
中川弁護士は、「共謀罪がなくても条約批准している国は多数ある。しかもテロ対策になっていない。シリア・北朝鮮などでアメリカ追従するほうが、テロが起きる可能性が高いのではないか、と訴えてはどうか。」
「『私は犯罪しないからよい』という人には、政府に監視されてもよいのか、と聞きたい。あなたにも関係があるのではないか」と締めました。
会場からは、「漫画家の小林よしのりは薬害エイズ問題を追及していたことを踏まえ、『誰でも何かのきっかけで政府の政策に反対するときがある。ものいう市民がいないと健全な民主主義ではなくなる』と言った」としました。

最後に、「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」共同代表の中谷雄二弁護士が「共謀罪に関して、身近な具体的事例に則してもっと問題を深める連続学習会を企画した。 チラシを数万枚印刷したので、ぜひいろんなところで配布して頂きたい。http://nohimityu.exblog.jp/26599738/
さらに、『共闘の呼びかけ』を行い、5/2(火)に拡大会議を行う。 http://nohimityu.exblog.jp/26596640/
6/10(土)にも大規模デモを行う予定だ」としました。


---------

c0241022_22284631.jpg
↑講演を行う、中川匡亮弁護士

c0241022_14135719.jpg
↑熱心に聴き入る聴衆
c0241022_22295241.jpg


↑最後のあいさつを行う、中谷雄二弁護士


     *      *      *      *      *

全力を上げて「共謀罪」法案を廃案にしよう!

・5/2(火)18時半~ 共謀罪を阻止するための拡大会議(名古屋)
http://nohimityu.exblog.jp/26596640/

5/2(火)18:30~ イーブルなごや第2研修室
https://www.facebook.com/events/745184258992796/


・「共謀罪の本質と現実を掘り下げる連続学習会」にご参加を(名古屋)
http://nohimityu.exblog.jp/26599738/

c0241022_14310672.jpg


[PR]
by beshi50 | 2017-04-27 00:30 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
雨模様の天気でしたが、予定通り街頭宣伝を行いました。
c0241022_14175439.jpg
参加者は14名。
c0241022_14174941.jpg
傘を差している人が多く、ビラの受け取りは今一つでしたが、大きな横断幕に目をやる通行人は多かったでsy。

c0241022_14174559.jpg
若い参加者が録画をしていました。
近々、動画アップができるかもしれません。

c0241022_14173421.jpg




[PR]
by beshi50 | 2017-04-26 21:16 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」は、「共謀罪の本質と現実を掘り下げる」連続学習会を5/11(木)、5/25(木)、5/29(月)、6/6(火)いずれも18:30~20:30、ウィルあいち セミナールーム1・2で開催します(入場無料)。
チラシPDFファイル  ↓
http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/renzoku2017.pdf
ぜひご参加下さい。
----------
c0241022_23411886.jpg
c0241022_23455836.jpg


秘密法と共謀罪に反対する愛知の会 「共謀罪」連続学習会
共謀罪の本質と現実を掘り下げる


現在、国会で審議中の「共謀罪」。テロ等準備罪との看板が偽りであること、実行行為概念を基調とした我が国の刑法の基本原則に真っ向から抵触すること、表現の自由や結社の自由を侵害しさらには思想・良心の自由をも侵害するものであることなど、 根本的な欠陥が次々と明らかとなっています。

しかし、安倍政権は、本国会中での採決の姿勢をまったく崩していません。

そこであらためて、「共謀罪」の抱える問題を理解すべく、「共謀罪」のある社会とはどんな社会か、私たちの暮らしはどのように変わるか を、現在の日本で実際に起きている事件や過去の日本での歴史的事実から説き起こす連続学習会を企画しました。お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。


第1回 5月11日(木)18時半~ 
刑法から迫る共謀罪の本質
講師:平川宗信さん
(名古屋大・中京大名誉教授(刑法))
現実事例の当事者からの報告
 瑞穂区白龍町高層マンション建設を巡る住民運動への刑事弾圧事件の被害者
会場:ウィルあいちセミナールーム1・2
入場無料(カンパ歓迎)
主催:秘密法と共謀罪に反対する愛知の会

第2回 5月25日(木)18時半~ 
憲法から迫る共謀罪の本質
講師:本 秀紀さん
(名古屋大学教授(憲法))
現実事例の当事者からの報告
 大垣警察市民監視違憲訴訟原告
会場:ウィルあいちセミナールーム1・2
入場無料(カンパ歓迎)
主催:秘密法と共謀罪に反対する愛知の会

第3回 5月29日(月)18時半~ 
治安維持法から迫る共謀罪の本質
~政府は何を甦らせようとしているか
講師:内田博文さん
(九州大学名誉教授(刑法))
会場:ウィルあいちセミナールーム1・2
入場無料(カンパ歓迎)
主催:秘密法と共謀罪に反対する愛知の会

特別編 6月6日(火)18時半~
日本の表現の自由とメディアと「共謀罪」~国連特別報告者・調査報告をふまえて
講師:藤田早苗さん(
英国エセックス大学人権センターフェロー(国際人権法))
会場:ウィルあいちセミナールーム1・2
入場無料(カンパ歓迎)
主催:秘密法と共謀罪に反対する愛知の会

いずれも主催:秘密法と共謀罪に反対する愛知の会 
http://nohimityu.exblog.jp/ https://www.facebook.com/nohimityu/
連絡先:緑オリーブ法律事務所(浜島) 
TEL:052-838-8795/FAX:052-838-8796







[PR]
by beshi50 | 2017-04-20 14:43 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」「安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会」「国民救援会」は、「共謀罪」阻止のための共闘の呼びかけを行っています。
賛同団体を募集中です。
また、共謀罪を阻止するための拡大会議を5/2(火)18:30~ イーブルなごや第2研修室で行います。
是非ご参加下さい。
https://www.facebook.com/events/745184258992796/
----------
「共謀罪」阻止のための共闘の呼びかけ

 時代錯誤の戦前回帰を夢想する安倍首相とその政権は、なりふりかまわない姿勢で戦争国家づくりに邁進しています。国家安全保障会議を設置し、秘密保護法を制定し、集団的自衛権行使を閣議決定し、戦争法を強行採決し、ここに来て「共謀罪」の制定を今国会中に強行しようとしています。
 「共謀罪」が政府が口実とするテロ対策と無関係の法律であることや犯罪の実行行為に着手する遙か前の段階で犯罪とされる恐れがあること、犯罪行為の内容が人の会話や意思の交換であることから、人の思想や内心の自由を侵害する恐れがあることなど、民主社会の基盤をも脅かしかねない危険な法律であることが次々に明らかになってきています。組織的犯罪集団を対象とするから一般市民は無関係であるとか、環境団体や市民運動が対象になることはないという国会での安倍首相の答弁は、すでに一般団体が犯罪集団に一変することがあるとの捜査当局の見解や環境問題を懸念する一般市民の活動を監視したり、あるいは敵視し逮捕・勾留するという現実の前でその虚偽性は明らかです。しかも組織的犯罪集団かどうかを判断するのは、捜査当局なのです。
 この法律は、言論を統制し、監視国家・警察国家へとつながるものです。国内治安体制確立を口実とした悪しき治安立法の性格をもっていることはいまや明らかです。逃亡の恐れも証拠隠滅の恐れも全くないのに5か月もの長期にわたって「合法的」に逮捕・勾留され続けた沖縄の山城博治さんの例を見れば、一旦、政府の方針に反していると見なした者に対して、国家権力がその凶暴な牙を国民に向け始めていることは誰の目にも明らかです。私たちは、言論の自由を奪い、何時も監視を恐れなければならない秘密国家を断固として拒否します。民主主義の基盤を破壊する「共謀罪」阻止のためにこれまでの枠を超えた共闘を呼びかけます。「共謀罪」の危険性を広く市民に知らせ、制定策動を止めるため、通常国会会期末までの短い期間を闘い抜きましょう。
 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会は、共謀罪反対の連続講座(3回)の開催と国会会期末直前の集会・デモを計画しました。私たちは、これらの行動も多くの賛同団体と共同で開催したいと考えています。
 趣旨にご賛同いただき多くの団体に共に運動を担っていただくことを訴えます。

賛同して頂ける団体は、以下の要領で、メールにて賛同の旨をお伝え下さい。
1)メールの表題: 「共謀罪」阻止のための共闘に賛同 
2)必ず明記して頂きたいこと: ①団体名 ②連絡先 
3)メールの宛先: office@ombudsman.jp (集約担当:内田)
2017年4月10日
      安倍内閣の暴走を止めよう!共同行動実行委員会
      秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
      国民救援会愛知県本部

----------
共闘のための拡大会議のご案内
今後の具体的な活動を進めるために以下のように拡大会議を行います。ぜひご参加ください。

◆日時 5月2日(火) 午後6時半から
◆場所 イーブルなごや 第2研修室
(地下鉄 名城線「東別院」下車1番出口から東へ徒歩3分)
https://e-able-nagoya.jp/tours/access/

※会場は、「安倍内閣の暴走を止めよう!共同行動実行委員会」の名前で取ってあります。
c0241022_10174065.jpg

[PR]
by beshi50 | 2017-04-19 10:17 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」と名称変更してから初めての街頭宣伝となりました。
参加者は15名。

c0241022_23052152.jpg
折しも4月3日の各紙夕刊は「4月6日の『共謀罪』審議入り、自公が語彙」と報じていました。
まさに『共謀罪』成立阻止の正念場を迎えています。
c0241022_23063675.jpg
自分で工夫した小立て看を並べて参加された方も。
c0241022_23120422.jpg
年度初めで、いつのの平日の昼より、人通りは多かったです。
その所為だけで無く、いつになくチラシの受け取りが良く、最後の弁士がマイクを持つ頃には、300枚用意したチラシがなくなっていました。
c0241022_23115661.jpg
 
     *    *    *    *    *    *    *

【緊急街宣のお知らせ】
4月6日(木) 12時~13時 栄メルサ前
「共謀罪」審議入りに抗議する街頭宣伝を行います。



[PR]
by beshi50 | 2017-04-04 23:17 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
秘密法と共謀罪に反対する愛知の会は、17/4/26(水)に共謀罪に関する学習会を行います。
ぜひご参加ください。

---------
学ぼう「共謀罪」、止めよう成立 あなたも狙われる「共謀罪」

とき 4月26日(水) 18時30分~(開場 18:00)
ところ 愛知民主会館
 461-0004 名古屋市東区葵1-22-26
 名古屋地下鉄「東山線」「新栄町」下車2番エレベーター出口南にすぐ
講師 中川匡亮弁護士(当会事務局次長、自由法曹団愛知支部事務局次長)
http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/170426.pdf
主催 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/


c0241022_15254396.jpg

[PR]
by beshi50 | 2017-03-30 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」への会の名称変更のお知らせ

                     共同代表  中谷雄二、
                           本 秀紀 


 「秘密保全法に反対する愛知の会」は2012年4月の結成以来、5年間、秘密保全法が戦争する国づくりの一環であることを指摘し、日本の自由と民主主義の要としての「表現の自由」を国家が不当に制約することに反対し続けてきました。集団的自衛権行使を閣議決定で容認し、他国のために戦争することを許容する戦争法を制定した後である昨年の総会でも、「秘密保全法案」が議論され始めた時以来、一貫して秘密保全法制に反対し続けてきたことに誇りを持ち、名称を維持することを選びました。
 その名称を今総会で「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」に変更することを提案しました。

 それは、単に現時点で共謀罪が焦眉の課題であるというだけの理由ではありません。むしろ、秘密保全法制の制定策動以来、連綿と続いている「戦争する国」づくりのための言論情報統制が、共謀罪の制定により完成するという危機感の表れです。
 世話人会で名称変更の提案がされた時には、世話人会でも名称変更について賛否が分かれました。参加した世話人も判断に迷う中、僅差で変更賛成が上回ったため、総会に提案し、総会での議論を経て名称変更するかどうかを決めることにしました。総会でも、変更積極派と変更消極派で意見が分かれました。総会当日も悪法がでる度に名称変更をするのか、共謀罪が通ったらどうするのか等の意見が出、名称変更に反対する意見も相次ぎました。

 今、この国は戦争する国へ向かおうとしています。共謀罪は国内治安確立のための言論・情報統制体制の確立を意味します。政府に反対する者を狙い撃ちにし、曖昧な構成要件ゆえに権力の恣意的な弾圧を許す道具となる恐れが強いのです。私たちがこの会を立ち上げ反対し続けてきたのは、戦争する国作りのための情報統制・言論統制に反対するためです。会結成以来の秘密国家・警察国家化を阻止するところにこの会の特質があります。社会に豊かな情報の流れを取り戻し、政府による制約を縮小させるためにこれまでも活動してきました。その目的から考えて、共謀罪の成立は、この社会における言論・情報統制にとって致命的な危険性をもたらします。
 この会が共謀罪反対を目的に加え、名称を変更することにしたのは、この会結成来の会の目的を達成するために、共謀罪阻止のために全力を挙げることが必要だからです。そのために私たちは、今総会参加者の圧倒的多数で会の名称を「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」と変更することにしました。

 私たちの反対運動は、これまで直ちに廃案や法の廃止につながる成果をあげた訳ではありません。しかし、この会が全国に呼びかけた秘密保全法反対の声は全国に広がり、全国的な秘密保護法反対運動のネットワークが結成されました。共謀罪反対運動もこのネットワークに結集した各地の団体が中心となっています。秘密保護法反対の運動の広がりは、政府に秘密保護法の発動を抑制させ反対運動の広がりを警戒させています。
 この名称変更を機に、当面の運動を共謀罪廃案の運動に集中し、共謀罪の危険性を広めるために多くの地域・職場で共謀罪の学習会を旺盛に開催し、自らの言葉で共謀罪の危険性を訴えましょう。私たちは、秘密保護法を廃止し、共謀罪を廃案に追い込むための運動を今後も一層強めます。それが社会に自由を確保するために必要だと確信するからです。

[PR]
by beshi50 | 2017-03-29 22:01 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)