特定秘密保護法に反対するため、弁護士や市民が「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」を結成しました。各地のイベント、最新ニュースも載せます。集団的自衛権にも反対です。https://www.facebook.com/nohimityu


by beshi50
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

共謀罪+秘密保護法反対イベント 17/11/18以降をまとめました。
(秘密法に反対する全国ネットワーク 加盟団体以外も含む)


共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)は自民・公明・日本維新の会により強行採決・成立され、17/7/11に施行されましたが、各地で廃止を求める活動が続いています。

また、イギリス在住で国際人権基準の研究者である藤田早苗さんが2017年11月末から2018年1月上旬に帰国し、全国7カ所・13大学で国際社会から見た日本の表現についての講義を行います。
交通費・滞在費カンパを募集中です。 https://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/


集会情報を投稿フォームに投稿いただけますと幸いです。
投稿フォーム http://netarob.wixsite.com/himitsu-kyobou/blank-3


全国の最新情報は以下で読めます。
http://netarob.wixsite.com/himitsu-kyobou/blank-2
http://www.himituho.com/全国運動情報/
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/
http://nohimityu.exblog.jp/i13/
https://www.facebook.com/himitsuhozenhou
https://www.kyobozaino.com/
----------
【青森】11/25​
【東京】12/1, 14, 19
【愛知】11/18, 19, 21, 25, 12/2, 5
【三重】12/12
【京都】12/5, 1/14
【大阪】12/9, 11, 1/12
【兵庫】12/4
【福岡】11/19

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/18(土)共同行動定例街頭宣伝行動

11/18(土)11:00~12:00 栄スカイル前
戦争法廃止!共謀罪廃止!
辺野古新基地建設反対!高江オスプレイパット建設反対!
問合せ:052-871-5433(愛労連・関)​


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/19(日)11・19安倍内閣の暴走を止めよう集会&デモ

11/19(日)13:30~ 若宮大通ミニスポーツ広場集合
安倍9条改憲 NO!
集会 13:30~ 若宮大通ミニスポーツ広場
デモ 14:30~ 久屋大通~栄~矢場町
http://stopabenk.exblog.jp/26143574/
主催:安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会
 問合せ:090-9917-6998


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【福岡】11/19(日)戦争法廃止のための天神一周デモ

11月19日(日)午後6時

警固公園ソラリアプラザ側

「戦争法を廃止する会」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/21(火)連続学習会第2回「秘密法と共謀罪で奪われる権利」

日時 11/21(火)18時半~20時30分
場所 ウィルあいち セミナールーム1・2
 名古屋市営地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩約10分
 http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html
講師 長峯信彦愛知大学教授(憲法学) 
 (安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会共同代表)
参加費 500円
チラシ http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/171107.pdf
主催 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
   http://nohimityu.exblog.jp/
   https://www.facebook.com/nohimityu/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【青森】11/25(土)憲法壊すな、戦争法廃止の共同行動をご一緒に!

~国政の私物化、アベ暴走政治は許さない!~

日時:11月25日(土)11時~

場所:弘前駅前りんご広場

内容:集会とパレード

主催:憲法9条守れ、戦争法廃止!弘前実行委員会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/25(土)共同行動定例街頭宣伝行動

11/25(土)11:00~12:00 栄スカイル前
戦争法廃止!共謀罪廃止!
辺野古新基地建設反対!高江オスプレイパット建設反対!
問合せ:052-871-5433(愛労連・関)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【愛知】11/25(土)「9条改憲阻止・共謀罪廃止」知多市民講演会

11月25日(土)午後1時30分~4時

半田市内アイプラザ2F研修室にて

講師:中谷雄二弁護士(「秘密法・共謀罪反対愛知の会」共同代表)

DVD「種をまく人々」も上映します。

共催:国民救援会知多中央支部と北部支部


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【東京】12/1(金)緒方宅盗聴事件解決 20 年

町田のまちから警察市民監視を考えるつどい〜共謀罪なんていらない〜

日時:12 月1日 (金)18:00 ~20:30(17 時45 分開場)

場所:町田市民ホール 第4会議室

    (町田市森野 2-2-36 TEL: 042-728-4300)

内容:

 第1部 岐阜・大垣警察市民監視違憲訴訟原告

      船田伸子さんより

 第2部 共謀罪廃止に向けて

  講師:三澤麻衣子さん (共謀罪対策弁護団事務局長 )

 第3部 緒方宅盗聴事件からみた政府・警察の市民監視の実態

   講師:緒方靖夫さん

参加費 無料

主催:国民救援会町田支部

共催&お問い合わせ:まちだ・さがみ総合法律事務所

TEL. 042 -720 -26262626

〒194 -0022 町田市森野 1-8-17

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【愛知】12/2(土)講演と対談「共謀罪のある社会―廃止に向けての第一歩」

とき 2017(平成29)年12月2日(土) 午後1時30分~午後4時15分 
 [開場 午後1時]
ところ 東別院ホール (名古屋市中区橘2-8-55)
 ※地下鉄名城線「東別院駅」4番出口より、西に徒歩約5分
ゲスト
 ◯講 師 髙山佳奈子さん
  東京都生まれ 京都大学大学院法学研究科教授(刑事法)
  日本刑法学会理事、「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明」呼びかけ人
  <主要著書>『故意と違法性の意識』(1999年、有斐閣)
        『共謀罪の何が問題か』(2017年、岩波ブックレット)
 ◯対談者 中谷雄二さん
  京都府生まれ 1984年弁護士登録(36期)
  愛知県弁護士会秘密保護法対策本部副本部長、「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」共同代表、秘密保護法対策弁護団共同代表
  入場無料・事前予約不要 どなたでもご参加いただけます。(定員400名)
主催:愛知県弁護士会
 https://www.aiben.jp/about/katsudou/himitsuhozen/news/2017/10/122.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【兵庫】12/4(月)藤田早苗氏 一般公開の授業

日時:2017年12月4日(月) 14:25−15:55
場所:神戸市外国語大学第2学舎 503教室
  神戸市西区学園東町9ー1
  http://www.kobe-cufs.ac.jp/access.html
講師 藤田早苗氏 エセックス大学人権センターフェロー
連絡先 ::篠田実紀 shinoda@inst.kobe-cufs.ac.jp


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】12/5(火)秘密法と共謀罪に反対する愛知の会 街頭宣伝

12/5(火)12時-13時
名古屋市栄 メルサ前
主催 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【京都】12/5(火)国連特別報告者と日本

日時 2017年12月5日(火)18:30-20:30
場所 京都大学本部キャンパス
   法経本館(時計台北隣の建物)東ウイング2階第六教室
入場無料申込み不要
講師 藤田早苗氏 エセックス大学人権センターフェロー
コメンテーター小山哲氏 京都大学大学院文学研究科教授(西洋史)
主催・司会 髙山佳奈子 京都大学大学院法学研究科教授
「安全保障関連法に反対する学者の会」呼びかけ人
 takayama@law.kyoto-u.ac.jp
共催 自由と平和のための京大有志の会
 http://www.kyotounivfreedom.com/
チラシ http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/171205.pdf


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】12/9(土) 講演会「共謀罪」の問題点―その危険性と導入目的を考える

日時 2017年12月9日(土)14:00〜16:30
会場 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)4F大会議室3
講師 海渡双葉弁護士
一人ひとりの日常生活や、市民の活動に共謀罪はどのように影響するのか、
弁護士の海渡双葉さんとともに議論を深めていきます。
参加費無料
http://www.labornetjp.org/EventItem/1507202373844staff01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【大阪】12/11(月)共謀罪をぶっとばせ!Never give up!共謀罪を廃止へ

12月11日(月) 18時~19時 梅田Hep前 
主催:共謀罪あかんやろ!オール大阪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【三重】12/12(火) 日本はこれでいいのか

-藤田早苗さんと考える日本のメディアと表現の自由-

12/12(火)18:30~  
    四日市市文化会館第3ホール
    (四日市市安島2丁目5-3 TEL 059-354-4501) 
講師:藤田早苗さん
 (英・エセックス大学人権センターフロー。国際人権法)
参加費1000円(大学生以下、障害者・介助者500円)
主催:藤田早苗さん講演会実行委員会
 (四日市革新懇話会、九条の会・よっかいち、みえ教育ネットワーク、新日本婦人の会四日市支部、秘密法と共謀罪を考える四日市の会)
問合せ:080-3661-6935(実行委員長)
ウェブ=http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi
FB=https://www.facebook.com/profile.php?id=100011833450091


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/14(木)世界人権デーイベント「今、問われるメディアの独立と報道の自由」
 ~デイビッド・ケイ国連特別報告者の勧告を受けて~

日時 12月14日(木)午後6:30から9:00(6:00開場)
会場 専修大学(予定)
参加費:¥1000
スピーカー 青木理氏 (ジャーナリスト)
      望月衣塑子氏(東京新聞記者)
      南彰氏(朝日新聞記者)
要ネット申し込み http://hrn.or.jp/news/12563/
認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
お問い合わせ 認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局(担当:レクナー)
 Email: info@hrn.or.jp Tel: 03-3835-2110 Web: http://hrn.or.jp/
※藤田早苗さんも10分ほど国連関係のことを報告します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/19(火) 情報を民主主義の通貨にするために

12月19日(火)18:30から21:00
入新井集会室 大集会室
 https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hall/iriarai_s/index.html
講師 藤田早苗さん(英・エセックス大学人権センターフェロー。国際人権法)
参加費は1000円、学生などは500円。
主催 フェアな民主主義
連絡先 03ー6303ー8671 office@nasurie.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】1/12(金) 国際社会からみた日本の人権の未来 
~私たちの権利が知らないうちに失われないために~

日時 2018年1月12日(金)午後6時30分~8時30分
場所 ヒューライツ大阪 セミナー室
 https://www.hurights.or.jp/japan/access.html
講師  藤田早苗氏(英国・エセックス大学人権センターフェロー)
定員 25名(先着順)
資料代 500円(会員無料)
主催・申込先 (一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
webmail[a]hurights.or.jp ([a]を@に変えてください)
TEL 06-543-7003
https://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2017/11/-201870-20175.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【京都】1/14(日)強まるメディア統制 乗り越えるには・・

第1部 ■パネルディスカッション 
 藤田早苗 ☓ 望月衣塑子  コーディネーター 金杉美和(弁護士)
第2部 もっと知りたい!~ 藤田早苗 講演
 「国連に精通した英国在住の藤田さんが、国際社会が、日本の表現の自由に
 どのような評価をあたえているかを説明。またイギリスBBCなどの映像から、
 権力の監視役としてのメディアについて具体例により深める。」
日時:   2018年1月14日(日)  
第1部 午後1時30分から (受付 午後1時から)
第2部 午後4時40分から (閉会予定 午後6時40分)
会 場 :龍谷大学 アバンティ響都ホール(JR京都駅南、アバンティ9階)
 ※アクセス地図 https://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
参加費 : 第1部 1000円(第1部ご参加の方は、第2部は無料)
           学生・生活困窮者500円      
※第2部のみ参加の方は500円(学生・生活困窮者300円 )
★定員: 300名(先着順)
主催 : 藤田早苗さん・望月衣塑子さん パネル討論&講演会
     実行委員会 
協力 : 龍谷大学経営学部 細川孝研究室 
お問い合わせ :実行委員会 azami111@docomo.ne.jp
  電話  松本 090-2359₋9278 村上 090-8572-7840
https://www.facebook.com/events/152296915508088/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

c0241022_18331123.jpg


[PR]
# by beshi50 | 2017-11-17 18:33 | 秘密全国ネット | Trackback | Comments(0)

すべての国連加盟国が4年に1回対象になる国連人権理事会のUPR(普遍的・定期的審査) の日本審査が2017年11月14日(火)ジュネーブ時間朝9時(日本の午後5時)から行われます。
報道の自由もそのイシューの一つとして取り上げられる予定と報じられています。


中継はこちらから。(言語は英語)
http://webtv.un.org/live-now/watch/28th-session-of-universal-periodic-review/4473498400001


2012年に行われた日本政府に対する第2回UPR審査では、79カ国から、174の勧告が出されました。
第2回審査の際に出された勧告の内容は以下のウェブサイトから。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken_r/upr_gai.html

-------
日本弁護士連合会
日弁連がUPR(国連人権理事会の普遍的定期的審査)に提出した報告書など
https://www.nichibenren.or.jp/activity/international/library/upr.html


外務省 第3回政府報告審査(2017年11月)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken_r/upr_gai.html


国際連合広報センター
人権理事会、「普遍的・定期的レビュー」とは
http://www.unic.or.jp/activities/humanrights/hr_bodies/hr_council/

c0241022_18050651.jpg


[PR]
# by beshi50 | 2017-11-13 18:05 | 国際情報部会 | Trackback | Comments(0)

共謀罪+秘密保護法反対イベント 17/11/11以降をまとめました。(秘密法に反対する全国ネットワーク 加盟団体以外も含む)

共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)は自民・公明・日本維新の会により強行採決・成立され、17/7/11に施行されましたが、各地で廃止を求める活動が続いています。


また、イギリス在住で国際人権基準の研究者である藤田早苗さんが2017年11月末から2018年1月上旬に帰国し、全国7カ所・13大学で国際社会から見た日本の表現についての講義を行います。
交通費・滞在費カンパを募集中です。 https://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/


集会情報を投稿フォームに投稿いただけますと幸いです。
投稿フォーム http://netarob.wixsite.com/himitsu-kyobou/blank-3

全国の最新情報は以下で読めます。
http://netarob.wixsite.com/himitsu-kyobou/blank-2
http://www.himituho.com/全国運動情報/
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/
http://nohimityu.exblog.jp/i13/
https://www.facebook.com/himitsuhozenhou
https://www.kyobozaino.com/

【東京】12/14, 19
【愛知】11/11, 18, 19, 21, 25, 12/2, 5
【三重】12/12
【京都】12/5, 1/14
【大阪】11/11, 12/9, 11, 1/12
【福岡】11/19

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】11/11(土)共謀罪をぶっとばせ!Never give up!共謀罪を廃止へ

11月11日(土) 18時~19時 梅田Hep前 
主催:共謀罪あかんやろ!オール大阪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/11(土)共同行動定例街頭宣伝行動

11/11(土)11:00~12:00 栄スカイル前
戦争法廃止!共謀罪廃止!
辺野古新基地建設反対!高江オスプレイパット建設反対!
問合せ:052-871-5433(愛労連・関)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/18(土)共同行動定例街頭宣伝行動

11/18(土)11:00~12:00 栄スカイル前
戦争法廃止!共謀罪廃止!
辺野古新基地建設反対!高江オスプレイパット建設反対!
問合せ:052-871-5433(愛労連・関)​

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/19(日)11・19安倍内閣の暴走を止めよう集会&デモ

11/19(日)13:30~ 若宮大通ミニスポーツ広場集合
安倍9条改憲 NO!
集会 13:30~ 若宮大通ミニスポーツ広場
デモ 14:30~ 久屋大通~栄~矢場町
http://stopabenk.exblog.jp/26143574/
主催:安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会
 問合せ:090-9917-6998

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【福岡】11/19(日)戦争法廃止のための天神一周デモ

11月19日(日)午後6時
警固公園ソラリアプラザ側
「戦争法を廃止する会」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/21(火)連続学習会第2回「秘密法と共謀罪で奪われる権利」

日時 11/21(火)18時半~20時30分
場所 ウィルあいち セミナールーム1・2
 名古屋市営地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩約10分
 http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html
講師 長峯信彦愛知大学教授(憲法学) 
 (安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会共同代表)
参加費 500円
チラシ http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/171107.pdf
主催 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
   http://nohimityu.exblog.jp/
   https://www.facebook.com/nohimityu/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/25(土)共同行動定例街頭宣伝行動

11/25(土)11:00~12:00 栄スカイル前
戦争法廃止!共謀罪廃止!
辺野古新基地建設反対!高江オスプレイパット建設反対!
問合せ:052-871-5433(愛労連・関)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/25(土)「9条改憲阻止・共謀罪廃止」知多市民講演会

11月25日(土)午後1時30分~4時
半田市内アイプラザ2F研修室にて
講師:中谷雄二弁護士(「秘密法・共謀罪反対愛知の会」共同代表)
DVD「種をまく人々」も上映します。
共催:国民救援会知多中央支部と北部支部

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】12/2(土)講演と対談「共謀罪のある社会―廃止に向けての第一歩」

とき 2017(平成29)年12月2日(土) 午後1時30分~午後4時15分 
 [開場 午後1時]
ところ 東別院ホール (名古屋市中区橘2-8-55)
 ※地下鉄名城線「東別院駅」4番出口より、西に徒歩約5分
ゲスト
 ◯講 師 髙山佳奈子さん
  東京都生まれ 京都大学大学院法学研究科教授(刑事法)
  日本刑法学会理事、「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明」呼びかけ人
  <主要著書>『故意と違法性の意識』(1999年、有斐閣)
        『共謀罪の何が問題か』(2017年、岩波ブックレット)
 ◯対談者 中谷雄二さん
  京都府生まれ 1984年弁護士登録(36期)
  愛知県弁護士会秘密保護法対策本部副本部長、「秘密法と共謀罪に反対する
  愛知の会」共同代表、秘密保護法対策弁護団共同代表
  入場無料・事前予約不要 どなたでもご参加いただけます。(定員400名)
主催:愛知県弁護士会
 https://www.aiben.jp/about/katsudou/himitsuhozen/news/2017/10/122.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【兵庫】12/4(月)藤田早苗氏 一般公開の授業

日時:2017年12月4日(月) 14:25−15:55
場所:神戸市外国語大学第2学舎 503教室
  神戸市西区学園東町9ー1
  http://www.kobe-cufs.ac.jp/access.html
講師 藤田早苗氏 エセックス大学人権センターフェロー
連絡先 篠田実紀 shinoda@inst.kobe-cufs.ac.jp​​

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】12/5(火)秘密法と共謀罪に反対する愛知の会 街頭宣伝

12/5(火)12時-13時
名古屋市栄 メルサ前
主催 秘密法と共謀罪に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【京都】12/5(火)国連特別報告者と日本

日時 2017年12月5日(火)18:30-20:30
場所 京都大学本部キャンパス
   法経本館(時計台北隣の建物)東ウイング2階第六教室
入場無料申込み不要
講師 藤田早苗氏 エセックス大学人権センターフェロー
コメンテーター小山哲氏 京都大学大学院文学研究科教授(西洋史)
主催・司会 髙山佳奈子 京都大学大学院法学研究科教授
「安全保障関連法に反対する学者の会」呼びかけ人
 takayama@law.kyoto-u.ac.jp
共催 自由と平和のための京大有志の会
 http://www.kyotounivfreedom.com/
チラシ http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/171205.pdf

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】12/9(土) 講演会「共謀罪」の問題点―その危険性と導入目的を考える

日時 2017年12月9日(土)14:00〜16:30
会場 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)4F大会議室3
講師 海渡双葉弁護士
一人ひとりの日常生活や、市民の活動に共謀罪はどのように影響するのか、
弁護士の海渡双葉さんとともに議論を深めていきます。
参加費無料
http://www.labornetjp.org/EventItem/1507202373844staff01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】12/11(月)共謀罪をぶっとばせ!Never give up!共謀罪を廃止へ

12月11日(月) 18時~19時 梅田Hep前 
主催:共謀罪あかんやろ!オール大阪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】12/12(火) 日本はこれでいいのか
-藤田早苗さんと考える日本のメディアと表現の自由-

12/12(火)18:30~  
    四日市市文化会館第3ホール
    (四日市市安島2丁目5-3 TEL 059-354-4501) 
講師:藤田早苗さん
 (英・エセックス大学人権センターフロー。国際人権法)
参加費1000円(大学生以下、障害者・介助者500円)
主催:藤田早苗さん講演会実行委員会
 (四日市革新懇話会、九条の会・よっかいち、みえ教育ネットワーク、
 新日本婦人の会四日市支部、秘密法と共謀罪を考える四日市の会)
問合せ:080-3661-6935(実行委員長)
ウェブ=http://blog.goo.ne.jp/no-yokkaichi
FB=https://www.facebook.com/profile.php?id=100011833450091

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/14(木)世界人権デーイベント「今、問われるメディアの独立と報道の自由」
 ~デイビッド・ケイ国連特別報告者の勧告を受けて~

日時 12月14日(木)午後6:30から9:00(6:00開場)
会場 専修大学(予定)
参加費:¥1000
スピーカー 青木理氏 (ジャーナリスト)
      望月衣塑子氏(東京新聞記者)
      南彰氏(朝日新聞記者)
要ネット申し込み http://hrn.or.jp/news/12563/
認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
お問い合わせ 認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局(担当:レクナー)
 Email: info@hrn.or.jp Tel: 03-3835-2110 Web: http://hrn.or.jp/
※藤田早苗さんも10分ほど国連関係のことを報告します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東京】12/19(火) 情報を民主主義の通貨にするために

12月19日(火)18:30から21:00
入新井集会室 大集会室
 https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hall/iriarai_s/index.html
講師 藤田早苗さん(英・エセックス大学人権センターフェロー。国際人権法)
参加費は1000円、学生などは500円。
主催 フェアな民主主義
連絡先 03ー6303ー8671 office@nasurie.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【大阪】1/12(金) 国際社会からみた日本の人権の未来 
~私たちの権利が知らないうちに失われないために~

日時 2018年1月12日(金)午後6時30分~8時30分
場所 ヒューライツ大阪 セミナー室
 https://www.hurights.or.jp/japan/access.html
講師  藤田早苗氏(英国・エセックス大学人権センターフェロー)
定員 25名(先着順)
資料代 500円(会員無料)
主催・申込先 (一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
webmail[a]hurights.or.jp ([a]を@に変えてください)
TEL 06-543-7003
https://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2017/11/-201870-20175.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【京都】1/14(日)強まるメディア統制 乗り越えるには・・

第1部 ■パネルディスカッション 
 藤田早苗 ☓ 望月衣塑子  コーディネーター 金杉美和(弁護士)
第2部 もっと知りたい!~ 藤田早苗 講演
 「国連に精通した英国在住の藤田さんが、国際社会が、日本の表現の自由に
 どのような評価をあたえているかを説明。またイギリスBBCなどの映像から、
 権力の監視役としてのメディアについて具体例により深める。」
日時:   2018年1月14日(日)  
第1部 午後1時30分から (受付 午後1時から)
第2部 午後4時40分から (閉会予定 午後6時40分)
会 場 :龍谷大学 アバンティ響都ホール(JR京都駅南、アバンティ9階)
 ※アクセス地図 https://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
参加費 : 第1部 1000円(第1部ご参加の方は、第2部は無料)
           学生・生活困窮者500円      
※第2部のみ参加の方は500円(学生・生活困窮者300円 )
★定員: 300名(先着順)
主催 : 藤田早苗さん・望月衣塑子さん パネル討論&講演会
     実行委員会 
協力 : 龍谷大学経営学部 細川孝研究室 
お問い合わせ :実行委員会 azami111@docomo.ne.jp
  電話  松本 090-2359₋9278 村上 090-8572-7840
https://www.facebook.com/events/152296915508088/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

c0241022_18322031.jpg


[PR]
# by beshi50 | 2017-11-10 18:32 | 秘密全国ネット | Trackback | Comments(0)
「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」は、17/11/7に学習会「秘密法と共謀罪で肥大化する権力」を行い、100人が参加しました。
・当日配付資料
 http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/171107-1.pdf

以下報告です。
---
情報公開市民センター・理事長の新海聡弁護士が
颯爽と登場「秘密保護法情報開示訴訟」について」語った。
秘密保護法情報公開訴訟は最高裁で敗訴したが、
今後も情報開示を求めていく。
国会に上程する前には国民に審議過程の情報を出さないという
慣例を覆さなければならない。
国会へ出す前に情報を出せ!国会審議を形骸化させるな!
という声を上げていこう。

続いて、清水勉弁護士が
「日本の公安警察」について語る。
刑事警察と公安警察は全く違う。
刑事警察は犯罪を捜査。
公安警察は犯罪の発生とは関係なく、狙った人たちの個人
情報を日常的に収集する。
しかも、警察組織内で出世するのは公安出身。
「地べたをはいずり回っているが、やつらは
国家の何たるかを知らない」と刑事警察を
バカにしているのが公安警察。
イメージが湧いた。

新海弁護士と清水弁護士の対談
20年来のお付き合いというおふたりの掛け合いに
会場から笑い声も。

公安警察から脅された体験談を交え、
その手口を語る新海弁護士。
ビビらせるのが目的だ、と。

清水弁護士は、
法律の規定がないのに
なんでもやっちゃう無法者が公安警察だと。

責任をもって発言する自由は、監視社会からは
生まれない。監視されたら自由に発言できない。
あらゆる人が監視の主体であり対象になっている
いまの社会で、さあどうするのか!
考えさせられました。

最後に清水勉さんが、
スノーデンの言葉を引用して、プライバシーがいかに大事かを
語った。
「プライバシーとは、悪いことを隠すということではありません。
プライバシーとは力です。プライバシーとはあなた自身のことです。
自分であることの権利です。他人に害を与えない限り自分らしく生きる
ことのできる権利です」

--------

c0241022_14455375.jpg

↑対談する2人
c0241022_14324034.jpg

↑新海聡弁護士
c0241022_14325685.jpg

↑清水勉弁護士
c0241022_14322714.jpg

↑司会の浜島将周弁護士
c0241022_14333095.jpg

↑会場には100人が集まりました
c0241022_14462814.jpg

↑締めの挨拶を行う中谷雄二弁護士

[PR]
# by beshi50 | 2017-11-07 23:59 | お知らせ・報告など | Trackback | Comments(0)
NPO法人 情報公開市民センターが提訴した秘密保護法法令協議情報公開訴訟は、最高裁判所第三小法廷で17/10/24に上告棄却、上告受理申立を受理しないという決定がでました。
 http://www.jkcc.gr.jp/data/171024.pdf

・17/2/23 名古屋高裁敗訴 http://www.jkcc.gr.jp/data/170223.pdf
・15/10/15 名古屋地裁敗訴 http://www.jkcc.gr.jp/data/151015.pdf

・情報公開市民センターは、訴訟通信を17/11/6に出しました。
 秘密保護法情報公開訴訟通信(最終版)
 http://www.jkcc.gr.jp/data/171106.pdf

ご支援いただきありがとうございました。

-----
・情報公開市民センター 秘密保護法ページ
 http://www.jkcc.gr.jp/menu6.html
 
-------
2017年11月6日
訴訟代理人の皆様 各位
支援者の皆様   各位
原告情報公開市民センター
理事長  新海 聡
(連絡先: 0564-83-6151)
秘密保護法情報公開訴訟通信(最終版)
〜最高裁決定でました〜

1 今年10月24日付で、最高裁判所第三小法廷(林景一裁判長)は、上告棄却、上告受理申し立てを受理しない、という決定をしました。これにより、私たちの請求を認めなかった、今年2月23日の名古屋高裁の判決が確定しました。
 2012年11月12日に提訴後、代理人として支えてくださった皆様に感謝申し上げます。
2 この裁判は、情報の公開によって国民の間に不当な混乱が生じたり、秘密保護法の立法の意思決定の中立が害されることを理由とする当初の内調の不開示決定について、このような判断は情報公開法の説明責任を無視するものだ、として提訴したものです。ところが内調は、2013年に秘密保護法案を国会に上程後、多くの情報を開示するとともに、「不当な混乱」の主張を引っ込め、不開示情報については、法5条3号の「諸外国との信頼関係を害する恐れ」、といった、当初主張していなかった不開示事由に差し替えました。内調は、なりふりかまず不開示の主張を展開したといって良いでしょう。
 3号該当性が争点になったことにより、不開示判断について行政機関の裁量が認められることとなりました。そのため、「諸外国との信頼関係を害するおそれ」について、私たちには、そのような判断には合理性がないことを立証する必要が生じました。その手段として、個々の不開示文書の機密性や情報セキュリティ上の対策を主張、立証しましたが、裁判所は私たちの主張を受け入れなかった、というわけです。
3 わが国では原則として、国会上程前の法案やその各省庁との協議の情報については公開しない、という運用がなされています。本件は、当初、そうした運用が、行政の説明責任や、市民の知る権利からは許されないのだ、ということを明らかにすることを目的としました。しかし、すでに述べたように、途中で国が主張内容を変更したため、当該運用の当否について最終的に裁判所が判断する機会とはなりませんでした。
 ところが、国は共謀罪の審議でも同様の方法を取っています。すなわち、国会上程前には、省庁間での協議文書はほぼ、開示してきませんでした。しかも、国会での法案審議のすすめ方も拙速で、最後は採決の強行という、民主主義国家のあり方として到底是認できない方法をとったことは、この秘密保護法の制定過程と共通します。
4 市民の人権を侵害する法案が次々と国会での拙速な審議によって通過してしまうーそういう民主政の形骸化に対しては、国会上程までに審議の情報の開示を国に認めさせることの必要性が増しています。この裁判で敗訴したからといっても、国会上程前の法令審査の情報が、国民の間に不当な混乱を生じさせることを裁判所が認めたわけではありません。このような国会運営がなされているからこそ、私たちは今後も国会上程前の法案の審議情報の公開を目指していくべきだと思います。
 これからも、情報の公開を求める運動に対するご賛同とご協力をお願いいたします。
(了)

c0241022_10464011.jpg

[PR]
# by beshi50 | 2017-11-06 23:59 | 法令協議情報公開訴訟 | Trackback | Comments(0)